卒業論文アウトライン作成

学術英語論文執筆

こんにちは!ワードバイスです。今回は卒業論文も大詰めに入る段階かと思われますが、今一度卒業論文のアウトライン作成法について一緒に確認してみたいと思います。
学位論文を書く前に、全体として具体的に何をすればいいのか、リストを準備してみましょう。その項目のうち一つはアウトラインの作成になると思います。

dissertation

アウトラインはアイデアを整理し、展開させるための効果的な方法です。論文作成前にアウトラインを作成することは、皆さんの論文を体系づけるための手助けになります。確かな体系がないと、2万字もの論文を書くことはとても困難です。

アウトラインを本文の骨組みと見るといいでしょう。様々な種類のアウトラインがありますが、ここでは形式的な線形アウトラインと、マインドマップと呼ばれる概念的アウトラインの二つについてご紹介しようと思います。

線形アウトラインは順序に従って論文の発展段階を羅列する形式的なアウトラインと言えます。このアウトラインはアイデアを支えるために使用される証拠も含まれます。時間の浪費のように感じられるかもしれませんが、この種のアウトラインこそ「何を書かなければならないか」に対する明確な体系を提供してくれるため、むしろ論文本体の執筆時間の節約にもなります。

線形アウトラインは次のように構成されます。

  1. 紹介および根拠: 今現在自分がしていることは何か?何を理由に私はこのトピックを選んだのか?
  2. 研究テーマおよび研究期間: 研究テーマに使われたすべての単語が明確になるよう説明すること。
  3. 文献検討: 主要な研究者は誰か?主要文献は何か?基本的な理論的アイデアは?
  4. 研究方法論: 例えば、設問調査・インタビュー・観察など各方法の長所と短所、データプレゼンテーション-何を発見したのか、データ分析・ディスカッション
  5. 支持する研究者と反対意見
  6. 今後の研究方針を提示する結論: 研究テーマと関連して発見したこと、論文のトピックを発展させるアイデア
  7. 付録と参考文献: 論文作成の流れを妨害する追加資料、使用されたすべての参考文献と資料

概念的アウトラインはページの真ん中から論旨を始める、より視覚的なアウトラインです。アイデアを表す枝を中心の論旨から伸ばしていきます。このアウトラインは卒業論文にて扱うテーマを導き出すためのブレインストーミングに有用で、視覚的学習者にとって特に効果的です。このアウトラインは論文作成の全般的な方向を明らかにするのに役立ちます。しかし、概念的アウトラインを作成した後、実際の作業順序を確認するために線形アウトラインを作成してみる必要があることもあります。
下は概念的アウトラインのフレーム例です。

conceptual

アウトラインの作成を完了したら、次の段階はアウトラインに対してアドバイスを受け、論議してみることです。アドバイザーが重要なフィードバックと提案をくれることがあるので、このプロセスを省略してはいけません。

学位論文の作成に向けて、アウトライン作成方法に関しての投稿となりましたが、みなさんにとって有益な情報となればうれしいです。ありがとうございます。

タグ: , , , , , , , , ,