論文受理率を上げるための英語論文ジャーナル選択のコツ(1)

こんにちは!英語校正および翻訳専門ワードバイスです。英語論文を書くにあたって、ジャーナルの選択は最も重要なプロセスの一つと言えますが、これはリジェクトを避けるためだけではなく、正しいジャーナルに論文を掲載できれば、論文が引用される確率が上がるという点でもとても重要です。また、皆さんの論文を読むレビュアーたちは皆さんの研究分野において既にいくつもの論文を掲載しており、実際に皆さんの論文にて引用されている研究者である可能性も高いため、皆さんの論文の完成度を高めるための貴重なフィードバックを提供してくれたり、また研究結果に対して好意的である可能性が高いと言えます。論文を書き始める前に、投稿ジャーナルを選んでおくことをお勧めするのは、論文作成段階からジャーナルが求める形式に合わせて論文を作成する方が効率的だからです。

そこで、英語校正および翻訳を専門とするワードバイスが、今回は英語論文ジャーナル選択のコツを準備しました。

notepad-1312280_960_720

1.投稿予定ジャーナルのテーマと自分の論文のテーマがどれだけ合致しているか?

著者が考慮しなければならない事項の一つ目は、自分の論文がジャーナルのテーマにどれほど合っているか?ということです。まず最初に著者がしなければならないことは、検討中のジャーナルに掲載されている3~4個の最新の論文を読んでみることです。具体的テーマと方法論・テーマへの接近方法を含む、各ジャーナルの特徴を知っておくことをお勧めします。また、特定ジャーナルに掲載されたペーパーがどのような構成を有していて、どのように作成されているのか(例として、論文の平均的な長さ、図表の分量など)も詳しく見ておく必要があります。掲載論文における具体的な質問、使用されている方法、論文のフレームおよび構造が、投稿しようとする論文と最も密接に関連しているジャーナルを見つけることが大事です。

2.Impact Factor (インパクトファクター、被引用指数)

ジャーナル品質測定方法の一つとしてジャーナルのImpact factorを使用することは、被引用数だけが論文の本当の質を示すものではないという批判から、物議も醸しています。それにも関わらず、Impact factorはいまだにジャーナルの品質と名声を決定するのに基本的な基準とされています。高いインパクトファクターを持つジャーナルに論文を提出することは魅力的ですが、客観的に見たときに論文が一流ジャーナルに本当の意味でふさわしいのかを判断することが重要です。そうでないと、複数のジャーナルに合わせて論文を何度も再提出したりフォーマットを再構成したりするのに時間と労力を費やすことになってしまいます。

magazines-1163285_960_720

3.どのジャーナルに掲載するか- 一般的なジャーナル?それとも専門的なジャーナル?

著者は一般的なジャーナルを対象にするのか、それともより専門分野に特化したジャーナルを対象にするのかを決定しなければなりません。論文が一般的ジャーナルのエディターとレビュアーの興味をそそるものなのか把握するのは非常に難しい事でもあります。一般的なジャーナルがより高いインパクトファクター(impact factor)を持っている傾向があるため、多くの著者は彼らの研究にとって最善の戦略とは言えない場合でも、彼らの論文を一般的ジャーナルに提出しようとする傾向があります。多くの著者が一般的ジャーナル向けの投稿でリジェクト経験が積み重なってからやっと、専門分野のジャーナルに移行しようとします。ある意味この戦略は当然ですが(特に昇進や任期更新を望む研究者の場合)、逆効果となることもあります。一般的ジャーナルにてリジェクトされ、もう一度書き直す段階には膨大な労力と時間がかかるからです。従って、それを避けるために「論文が誰の関心を引こうとしているのか」に対して現実的な目を持たなければなりません。つまり、論文が特定分野の狭い読者の関心を引くことが予想される場合には、適切な専門分野のジャーナルに投稿するべきだということです。

今回の内容に続き、次回も投稿成功のための英語論文ジャーナル選択のコツ(2)が続きます。論文執筆中の皆様の成功を応援しております。ではまた次回!

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,