英語論文がリジェクトされてしまう10の理由(2)

学術ジャーナル投稿,学術英語論文執筆

こんにちは! 英文校正専門ワードバイスです。前回に引き続き、本日は英語論文がリジェクトされてしまう理由のうち後半部の5つをご紹介します。

research paper

6.ターゲットジャーナルのフォーマットを遵守していない場合

これは基本的なミスです。研究の方向性がジャーナルがカバーする範囲に含まれていなかったり、ターゲットジャーナルのガイドラインを遵守していない場合がこれにあたります。ターゲットジャーナルを読み、投稿者ガイドをきちんとチェックすることで単純にこのミスを回避することができます。

7.データの不一致

研究が資料の収集・分析・計算を含む場合、完成前に必ず資料にミスがないか確認しなければなりません。論文一部で提示されているデータ一つのミスが、論文全体の結論に大きな影響を与えることもあります。例えば、抄録で84人の患者が参加したと記載したにも関わらず、票にて86人の患者と表記している場合などがこれにあたります。各セクションの執筆前に抄録を完成させてしまった場合、研究を実際に行った人物とは異なる人物がデータ処理を行った場合、研究の過程で被験者に何らの変更があった場合などにこのミスが発生しやすくなります。その原因が何であろうと、論文中でのデータ不一致はその研究と研究者に対する信用を疑わせるため、必ず避けなくてはなりません。

d

8.フォーマットの整っていない参考文献リスト

すべてのジャーナルは参考文献の記載方法について独自の規定を課すことで、著者が記載したすべての参考資料の検証が可能なようにしています。引用部分で参照番号を振って文書の最後に参考文献を羅列することが一般的ですが、必ず投稿するジャーナルの規定をサイトにて確認しましょう。ジャーナルは参照が誤っていたり、非体系的に記述しているなど雑然とした印象を与える論文はその時点でリジェクトする傾向があります。

9.図表において不十分な、または誤解を呼ぶデータを提示している場合

図表が各ジャーナル指定のスタイルや分量を守っていなかったり、数字がごちゃごちゃと羅列されていて読みにくい場合などがこれに該当します。表やグラフは読みやすい形で提示しましょう。査読者によってはまず図表やグラフだけを簡単に確認することでその論文を精読する価値があるか判断する場合もあります。

book-1313472_960_720

10.ひどい英文法・スタイル・構文

英語がひどいという理由だけでリジェクトされるとは言い切れませんが、英語の完成度はエディターが論文全体に対して抱く印象に影響を与えます。丁寧な英語で書かれた論文はアクセプトの確率が高いということは、現在までに多数の例によって証明されています。

 

ワードバイスでは昨年3,400人以上のお客様に4,700件以上の英文校正・翻訳サービスを提供いたしました。また、当社にて公正を手掛けた論文の多くがNature, ACM, IEEE, Scienceなど海外有数のトップジャーナルに掲載されております。

89%を超える高いリピート率(注文件数3件以上)も当社の特徴であり、多くの研究者・学者の皆様から校正者の熱心な作業とその品質についてお褒めの言葉をいただいております。

また、拠点である韓国をはじめとして中国・台湾など世界中の大学研究機関、ジャーナル、学会誌の指定校正会社として提携関係を結んでおり、様々な論文の国際発表に寄与して参りました。提携契約を結んでいただくと、無料お試し校正をはじめとして指定割引制度等、様々な特典をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ワードバイスは研究者・学生の皆様を応援しております!

タグ: , , , , , , , , , , , ,