英語論文執筆時避けるべき表現

学術英語論文執筆,英作文・文法

こんにちは!英語論文翻訳・校正専門ワードバイスです。突然ですが、英語の場合単語の「意味」は知っていても単語の「使い方」はあやふやだ、という方は多いと思います。二つの単語があったとして、それぞれ意味は同じかもしれませんが、一つは日常的な会話の中で使われ、もう片方は論文や記事で使われる単語なのに、単純に英単語の意味が一致するからと言って同じように使ってしまっているケースをたくさん見てきました。そこで本日は、英語論文執筆時に避けなければならない表現や注意すべき点をチェックしてみたいと思います。

• I’ll, Can’t, Don’tのように縮約形は書き言葉で使用しない。

• 強調する単語や表現の使用は抑える。例えば、really, extremely, absolutelyのような単語は使用しない方が良い。論文は自分の主張を繰り広げる場であっても、最大限客観性を維持して文章を作成しなくてはならない。同様に、称賛および卑下する表現も自制し、本人の研究と研究者本人との間に距離を置いて、客観性を保つよう努力する。

• 曖昧な単語、または包括的で安易に一般化してしまう単語は使わない。例えば、all, always, must, never, everyのような単語は立証できない限り使わないのが良い。同じく、amazing, outstanding, incredibleのような学術的単語とは言えないものも使用してはいけない。このような単語の使用は論文への信頼を失わせ、読者の混乱を招くことがある。

• 主張文・叙述文を使用するときにはその内容が事実であることを証明する資料がない限り、証明された事実であるかのような書き方をしてはいけない。

Colleagues looking at executives expression while he holds report

• 不必要に冗長な書き方はしない。同じ要点を繰り返して述べる文章および段落はできる限り減らし、どうしても反復する必要がある場合は他の言葉に代替して表現すべきである。また、単語の場合も同じ単語を何度も反復的に使うことは好ましくない。

• We, us, you, them, their, ourのような範囲が曖昧な代名詞は使わない。表したい人が誰なのか明示するようにする。また、there is, there was, it is, it wasのような表現の使用は自制し、there や itが何なのか正確に示すようにすると良い。

• 隠語を使用してはならない。日常的によく使われる言葉こそ注意しなければならない。自分が書いた英語が学術論文に適した語彙なのか確認すること。例えば、get resultsは obtain resultsに、looking at a phenomenonは investigate/explore/examine a phenomenonとする。しかし学術用語のように見せるために過剰に格式の高い単語を使う必要もない。したがって、英単語をにどのような意味があり、どんな場面で主に使われるのかということをはっきりさせた上で使用する必要がある。

• 質の良い英語学術論文は、著者の論点が明白で簡潔に表現されているものだ。長い文章は大胆に2、3文に分ける癖をつけ、どうしても一文にする場合には、句読点を活用して文章の意味を明確にしなければならない。

 

ワードバイスでは様々な分野の学術論文校正および翻訳サービスを提供しております。

英語論文校正サービスを担当するエディターは平均5年以上の英語論文校閲・監修経歴を持つアメリカ・イギリスのネイティブで構成されており、人文・社会・芸術、医学・科学・工学など様々な分野において修士・博士学位を取得している専門家です。学術論文翻訳家もまた平均で10年以上の翻訳経歴およびSCI級学術誌論文出版経験者として、様々な分野の修士・博士学位を保有している専門家です。

[今すぐお見積り]

タグ: , , , , , , , , , , ,