英語論文の伝達力を高める動詞使用テクニック

学術英語論文執筆,英作文・文法

strongverb

学術ライティングにはある程度格式ある文体を求められるとは言え、長々とくどい文章で読者の興味を失わせてしまっては本末転倒です。論文掲載をかけた研究者間の競争は熾烈であるだけに、研究者の皆様は研究そのものだけでなく、どうしたら少しでもジャーナル受理率を向上させられるかというライティングテクニックの問題とも常に戦っていることと思います。優秀な論文には、もちろん第一に内容の論理的妥当性、次に明確で分かりやすい記述が求められます。今回はその後者の問題についての記事です。

1. ワードクラウド(word cloud)で頻出語彙を分析

Wordleというウェブサイトはご存知でしょうか。Wordleはワードクラウド生成サイトであり、”Create your own”をクリック後テキストボックスに論文内容を貼り付けるだけで、論文内の頻出単語を視覚的に確認することができます。

自分の論文のワードクラウドを確認してみることで、読者がその論文を読んだときにどのような印象を受けるか(メインテーマやコアとなる内容)、客観的に把握するのに役立ちます。自分が論文内で強調したつもりだった内容とワードクラウドの生成結果にずれがあった場合、その論文は知らず知らずのうちに独りよがりな内容になってしまっているのかもしれません。ワードクラウドを参考に、誰が読んでもメインテーマに焦点を合わせられるよう修正を加えましょう。

  • Wordleを実行するにはJavaが必要です。

例えば、下のワードクラウドは当社英語ブログの記事である“How to Choose the Best Title for Your Journal Manuscript”のワードクラウドです。文字の大きさに応じて“titles,” “journal,” “research,” や “papers”が頻出単語となっていますが、すべてが記事のメインテーマをよく表している単語です。

Use Wordle to Analyze Word Usage

2. ターゲットジャーナル掲載論文の記述パターンを研究

ターゲットジャーナルで閲覧数・引用数が最も多い論文を精読し、ライティングのパターンを把握しましょう。ジャーナルの傾向やエディターの好みを把握することで、初めから読者層にアピールしやすい文体で論文を作成できるようになります。

ターゲットジャーナル掲載論文のライティングパターンを把握する際にもWordleが役立ちます。自分の論文と似たテーマの掲載論文をWordleにかけることで、適切な用語や語彙を確認することができます。

例えば、喫煙とガンの関連性 についての論文を執筆中ならば、(できる限りターゲットジャーナルの)最新掲載論文を探します。テキストをWordleに貼り付けワードクラウドを検討することで、執筆中の論文でそれらの単語が比重を持って使用できているか、用語の使用ミスはないかなどあらかじめ確認することができます。さきほどの論文をWordleに通したところ、以下のようなワードクラウドが出来上がりました。

Wordle Analysis

3. 能動的で伝達力のある動詞の使用

どの言語であっても同義語の使用方法に注意するのはもちろんですが、論文内では同義語の使用に迷う場合、より伝達力があり直説的な単語を選ぶことが重要です。また、常に受動態よりも能動態の使用を意識するようにします。例えば、“be”のようなあいまいな動詞はなるべく避け、より正確で直接的な行為動詞(action verb)に置き換えるなどです。ただし、Thesaurusなどのサイトを利用して同義語を検討する際には注意が必要です。置き換えられる単語が本当に論文の文脈に適しているかよく確認しましょう。

以下に学術論文で注意すべき同義語のリストを掲載しています。“単語・フレーズ”列に記載されている表現を使用してはいけないというわけではありませんが、“学術論文に適した表現”列にあるように具体的かつはっきりとしたとした表現への修正を検討することで、論旨がより伝わりやすくなります。

 

A. 進行中の研究や先行研究の説明

目的 単語・フレーズ 学術論文に適した表現
論文そのものや研究目的に関する説明

  • This paper/ study/ investigation…
  • aims to
This paper + [元の表現での"aims to"の次の動詞]、または This paper + (“explain”などの単語) + who/what/when/where/how X.例:

  • “This paper aims to apply X to Y” よりも “This paper applies X to Y”
  • “This paper aims to address the impact of lower sun exposure on moods” よりも “This paper explores how lower sun exposure impacts moods”
研究や論文のテーマ紹介

  • The paper/ study/ article/ work…
  • Prior research/ investigations…
  • discusses
  • presents
  • surveys
  • questions
  • highlights
  • outlines
  • features
  • investigates
研究や論文の内容分析

  • The paper/ study/ article/ work…
  • Prior research/ investigations…
  • considers
  • analyzes
  • explains
  • evaluates
  • interprets
  • clarifies
  • identifies
  • delves into
  • advances
  • appraises
  • defines
  • dissects
  • probes
  • tests
  • explores

*程度を表す副詞: briefly, thoroughly, adequately, sufficiently, inadequately, insufficiently, only partially, partially등

論文の他セクションに言及

  • Section X…
  • covers
  • deals with
  • talks about
  • outlines
  • highlights
  • sketches
  • assesses
  • contemplates

[“explain,” “analyze” や “consider”を言い換える表現]

 

B. 研究テーマと背景・研究概要についての記述

目的 単語・フレーズ 学術論文に適した表現
To discuss the historical significance of a topic

  • Subject/ Mechanism…
  • plays an important in [名詞化]
  • plays a vital role in [名詞化]
Topic significantly/considerably +

  • influences
  • controls
  • regulates
  • directs
  • inhibits
  • constrains
  • governs

+ who/what/when/where/how…

 

*名詞化は避け、本動詞(main verb)を使用した表現に書き換える。

研究テーマの大衆性を説明

  • X Theory…
  • …is widely accepted as…
  • …is widely used as…

 

  • Widely accepted, … [曖昧なbe動詞形は避ける]
  • The preferred…
  • Commonly/Frequently implemented,… [약한 be 동사삭제]
  • The prevailing method for…
研究領域における最新の注目点について記述
  • Much attention has been drawn to
  • …has gained much importance in recent years
  • Discussions regarding X have dominated research in recent years.
  • …has appealed to…
  • …has propelled to the forefront in investigations of Y.
  • … has dramatically/significantly shaped queries on X in recent years.
  • …has critically influenced academic dialogue on Y.
研究テーマに対し現在多数を占めている意見について記述
  • The consensus has been that…
  • Prior research generally confirms that…
  • Several studies agree that…
  • Prior research substantiates the belief that…
既存文献の検討結果を論じる

  • Previous studies…
  • indicate
  • have documented
  • have demonstrated
  • have shown that
  • contend
  • purport
  • suggest
  • proffer
  • have proven that
  • evidence
まだ発見されていない事柄を含めた学界での現況
  • Much is known about…
  • But, little is known about…
  • The academic community has extensively explored X…
  • Prior research has thoroughly investigated….
  • However, little research has been conducted to show…
  • However, prior studies have failed to evaluate/ identify / (“analyze”の言い換え表現)
自身の研究課題に関する説明に移る表現
  • Several theories have been proposed to explain…
  • To solve this problem, many researchers have tried several methods
  • Recent/Previous studies have promoted…
  • Prior investigations have implemented/ queried diverse approaches to…
  • A number of authors have posited…

 

C. 論文での分析内容についての記述

目的 単語・フレーズ 学術論文に適した表現
研究結果間の関連を説明

  • This paper/ study/ investigation
  • supports
  • substantiates
  • confirms
  • corroborates
  • underlines
矛盾する研究結果の提示

  • This paper/ study/ investigation
  • calls into question
  • challenges
  • disputes
  • rebuts
  • refutes
  • disproves
  • debunks
  • invalidates
  • rejects
  • questions
研究の限界を論じる
  • The limitations of this paper include:
  • These investigations, however, disregards…
  • This method/ approach fails to…
  • This study only…
  • …falls short of addressing/ identifying / illustrating…
  • A drawback/disadvantage of this framework is…
  • This framework, however, solely pertains to…

 

D. 研究結果の考察

目的 単語・フレーズ 学術論文に適した表現
研究結果を示す

  • The data…
  • These findings…
  • suggest
  • show
  • extrapolate
  • deduce
  • surmise
  • approximate
  • derive
  • extract
  • evidence
観察結果の記述

  • [Observed event or result]…
  • appeared
  • was observed to
  • manifested
  • surfaced
  • materialized
  • yielded
  • generated
  • perceived
  • detected

 

E. 研究方法

目的 単語・フレーズ 学術論文に適した表現
方法論

  • This study…
  • X method…
  • used
  • performed
  • applied
  • administered
  • employed
  • diffused
  • disseminated
  • relayed
研究シミュレーションの説明

  • A simulation…
  • was created to…
  • was used to…
  • was performed to…
This study/ research…

  • simulated
  • replicated
  • imitated

+

“X environment/ condition to..”

+

[“analyze”の言い換え表現]

 

F. 研究の意義・影響力を説明

目的 単語・フレーズ 学術論文に適した表現
研究から導かれた結論の意義

  • This paper/ study/ investigation
  • demonstrates
  • shows
  • illustrates
  • proves
  • evidences
  • strengthens (the position that)
結論を強調

  • This paper/ study/ investigation
  • establishes
  • proves
  • attributes
  • illustrates
  • advances (the idea that)
研究が該当領域にどのように寄与したか

  • This paper/ study/ investigation
  • offers
  • introduces
  • ushers in
  • proffers
  • conveys
  • promotes
  • advocates
  • introduces
  • broach (issue)
  • reveals
  • unveils
  • exposes
  • unearths

追加資料

当社ブログでは他にも論文のジャーナル受理率向上を叶えるためのライティングテクニック(例: wordinessの削減、能動態の使用など)を豊富にご紹介しております。下のリンクからどうぞ。

 

英文の単語数を減らすコツ: Fillerの削除

英文の単語数を減らすコツ:前置詞の省略

英文の単語数を減らすコツ: Nominalization (名詞化)を避ける

 

English简体中文繁體中文Türkçe バージョンもご用意しております。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,