英語論文の単語数を減らすコツ(基本)

学術英語論文執筆

こんにちは!英文校正ワードバイスです。論文執筆中の方々のため、本日も論文作成に役立つ情報を準備してまいりました。本日は英語論文の単語数(長さ)を減らす方法です。

how to reduce word count

ワードバイスにご依頼いただく英語論文を校正する中で、最も多く指摘するポイントがwordinessです。Wordinessとは例えば次のようなことを言います。

例:
In order to improve the competitiveness and cost performance of the low-cost AB5-type alloy battery as so to meet the market demand, the alloy cost should be further reduced.

上の文章でas so toをtoに代替することで、wordinessを解決すると同時に単語数も減らすことができます。

ターゲットジャーナルによっては単語数制限を設けている場合もあるため、英語論文にて単語数の調整は非常に重要です。ここから本格的にそのコツについて説明していきます。

1.Wordyな単語は使用しない

多くの接続語のうち、知っておくと便利な置き替えワードがあります。

As a resultや As a consequence の代わりに Therefore, Consequently, Thus

On the other hand に代えて Whereas, In contrast

More specificallyや In particular は Specifically に

In addition の代わりに Furthermore, Additionally, Moreover

A number of の代わりに Several

2.基本的すぎる情報を含む文章は省略する。

ターゲット読者にとって分かり切った情報を含む文章は省略できるか検討してみましょう。著者はIntroductionと Discussionの初めにこのような文章を追加したがる傾向があります。文脈はもちろん大切ですが、あまりにも基礎的な情報を書き連ねると読者を見下しているようなニュアンスが加わってしまうこともあります。例えば、がんに関する論文で“According to the World Health Organization, cancer is a global health problem”のような文章を導入部に使用するのは避けたほうが良いでしょう。

3.適切でない文章を導入に使用しない。

“It was found that…”, “We found that…” のような文句を使用するとき、このような形で読者にわざわざその次に来る内容が研究結果であることを強調する必要があるのか再考してみてください。もし特にこの文体に重要な意味があるわけでないのなら、丸ごと省いても問題ありません。

例: It was found that the agent XYG was effective in preventing metastasis.

The agent was effective in preventing metastasis.

research paper

4.効率的な動詞を選択する。

多くの文章は効率的な動詞を使用することで短縮できます。次の文章を例に考えてみましょう。

例: Protein XY was found to be present in the cytoplasm

Protein XY localized to the cytoplasm.

We conducted an analysis of protein XY.

We analyzed protein XY.

A diagnosis of diabetes was made based on the results.

Diabetes was diagnosed based on the results.

5.能動態を使用する。

受動態より能動態を使用するほうが単語数を減らせることがあります。

예: The XYZ was measured through mass spectroscopy.

Mass spectroscopy measured the XYZ.

本日は英語論文の単語数を減らすコツについて学んでみました。英文校正専門のワードバイスのエディターもwordinessを修正し、文章をより簡潔にすることで、皆さんの英語論文を更に伝わりやすくするサポートをしております。

英語論文執筆中のみなさんのジャーナル投稿成功・卒業論文受理を心からお祈りいたしております。最後までお読みいただきありがとうございました。

paper

タグ: , , , , , , , , , , ,