説得力ある英語論文序論(Introduction)の書き方

ワード使用法

前回のポスティングではMethod(研究方法)セクションの効果的な執筆方法について見てきました。順番が前後してしまいますが、今回は論文の1番目のセクションであるIntroduction(序論)執筆のコツをお伝えいたします。論文出版を一つのビジネスと捉えるとき、ジャーナルエディターはできる限り読者の興味をそそる論文を掲載したいと考えるものです。序論はそのための「つかみ」に匹敵し、読者の関心を引いて後の内容を読ませる重要な役割をします。

Introductionの目的

Abstract(抄録)やfigure(図表)などの視覚的資料(visual aids)の次に、読者が初めて論文に触れる部分が序論 です。したがって魅力的な序論を作成し、読者を論文の世界に引き込むことは非常に重要な意味を持ちます。基本的に読者は序論に提示された内容を念頭に置いて続く論文全体の内容を読むことになります。序論では論文内における解釈のルール(rules of interpretation)を提示することで、読者が(結果考察(Discussion)部分の結論も含めて)論文のすべての部分に渡ってそのルールを論理的に適応させながら読み解けるようにする必要があります。

それでは、序論には具体的にどのような内容が記述すればいいのでしょうか? 序論を作成する際に考慮すべき事項を見てましょう。

Introductionを二段階に分けて執筆すべき理由

英文校正ワードバイスではIntroduction部分を一番最後に完成させることをおすすめしています。その理由は、他の部分を書き上げてからでないとIntroductionの内容を確定させることが難しいからです。さらにIntroductionは二段階に分けて執筆することをおすすめします。

論文を書き始めたらまずIntroductionの前半部分として仮説(hypothesis)を先に作成します。次にResults、Methods、Discussionの順です。そして再度Introductionに戻り、後半部分に以下で紹介している「Introductionに記述すべき内容」を記述します。

Introductionに記述すべき内容

論文は時系列的に展開される物語のように作成しなければなりません。つまり、内容A(Introduction)から始まり時系列に沿って内容B(Discussion/Conclusion)へと論文全体が自然に展開する必要があるのです。Discussion部分についての記事を次回掲載予定ですが、Discussionセクションでは“私たちの科学的知識に存在する空白部分(knowledge gap)を埋めるために、なぜこの研究が必要だったのか、そして、そもそもその空白を埋めることがなぜ重要なのか” などという質問に対する答えを記述しなければなりません。一方Introduction部分ではそれと似て非なる情報を記述しなければなりません。つまり、Introductionではまず ’科学知識の空白’ の存在を明らかにし、本人がどのようにその空白を埋めようとするのか説明することが重要なのです。

論文を下の図の砂時計に例えて考えてみてください。論文の序論とは、私たちが今持っている既存の「知識の砂」を維持している空間に当たります(上部ガラス管)。そして、くびれ部分を通って下に落ちていく砂は新しい知識基盤を積み上げていきます(下部ガラス管)。したがって、皆さんの論文は砂時計の砂が上から下に落ちていくまでの過程の記録ということができ、その過程で下の図に併記された各段階毎の質問に答えて行きます。その中で序論とは最初の3つの質問に答える出発点としての役割を担うのです。

Anatomy-of-a-Scientific-Research-Paper

上の図からわかるように、序論は包括的な内容から始まり仮説に至るまでそのボリュームを段階的に少なくしていかなければなりません。ここからは、上の図式に沿って私たちのアイデアをどのように発展させることができるか考えてみましょう。

その研究と関連する背景知識

一般的にIntroductionにはその研究の意義を支持するための背景知識を記述します。ただし、読者が既に知っているような普遍的な背景知識についての過剰な説明は、論文本来の論点を見失わせてしまうため注意が必要です。

  1. 序論の入りでは論文にて扱う分野を明確に提示することが重要です。論文のタイトルにあるキーワード(keyword)を活用すると、普遍的すぎる内容を避けてポイントが絞られた簡潔な文章にすることができます。
  2. 分かり切った事実に関して長々と説明するのは避けましょう。 – まず研究テーマと仮説を書き出して論文の核心を明確にした後、次に読者がその論文の展開を理解する上で必要な背景知識を見極めます。この時、序論にて提示する背景知識は読者が論文で提示される主張を無理なく理解できるラインまでとし、それ以上掘り下げて詳細に説明するのはやめましょう。
  3. 該当分野における最新の研究結果を引用します。引用する文献のうち自身の論文での結果とは相反する研究結果を提示しているものがある場合、その弱点を指摘しながら自身の研究結果の妥当性を論理的に主張しましょう。
  4. 文献の引用元は明確に記載しなければなりません。学界において剽窃は深刻な規則違反行為に当たり、著作権法侵害はもちろん、論文ひいては研究者に対する信頼にも打撃を与えます。他の論文での記述をそのまま盗用したり、原文と酷似した表現を使用したりすることは避けなければなりません。引用する際には内容を自分の言葉で表現し、必ず参考文献として記載するようにします。
  5. Introductionは文献調査(literature review)とは異なります。つまり、序論部分で大量の文献を引用し背景知識について詳しく説明しすぎることは効果的ではありません。研究テーマと仮説の理解に必要な文献に絞って引用することが大切です。

研究の方向性

  1. まず、該当分野の先行研究が十分に行われていないということを強調します。それゆえにこの研究が有意義であるということ、読者にとって重要な知識を提供できることについても説明します。
  2. 先行研究での結果に基づく自身の研究の方向性について説明します。該当分野の既存の研究結果について徹底した調査・分析を行い、それに基づいて研究の方向性を定めたということをアピールします。

研究結果の重要性

  1. まず、研究目的・仮説をはっきりと提示します。 “The purpose of this study was to examine/study X”という文体を使用しましょう。
  2. 次に自身の研究を通して発見したことについて説明します。 ターゲットジャーナルの読者層を念頭に置いて、彼らの関心事に沿った有意義な研究結果であるということを主張します。ただし、Introductionで論文全体の結論を下してしまったり、研究結果にかかわる記述をしてはいけません。

Introductionセクション執筆のポイント

学術論文で説得力のある序論(Introduction)を作成するために必要な内容を整理すると、以下のようになります。

  • 能動態を使用するようにしましょう。
  • 簡潔な記述を心がけましょう。
  • 名詞化(nominalization)するのは避けましょう。名詞化とは形容詞や動詞のような用言を名詞に代えて表現することです。できれば動詞の形で表現するのが適しています。安易に名詞化しないことで文章の意味がより明確になり、能動的な表現がしやすくなります。
  • 冗長な文章表現は避けましょう。1文が 3~4行に渡ると可読性は一気に落ちてしまいます。文章が簡潔なほど読者は文意を把握しやすいですが、だからといってすべての文章を言い切り型にしてしまってはいけません。様々な文型と長さを組み合わせてバランス良く表現するようにします。
  • 同様に、セミコロン(semicolon)を含む長い文章やコンマでつながれた長い節(clause)はできるだけ省略します。
  • 広い内容(包括的)から狭い内容(具体的)へと展開していきます。
  • BONUS TIP 1: 読者の視線を引くような内容で序論を書き始めます。
    • 興味深い逸話、引用文、一風変わった経験など、「創意的なノンフィクション(nonfiction)」にて使用される技法を考慮してみましょう。
  • BONUS TIP 2: “斬新な”、“史上初の”、“常識を根底から覆す” などの表現は使用しないようにしましょう。
    • 研究が今ある知識に寄与するためにまだ不十分だと感じられる時には、研究をもう少し進行した後に論文を書き始めてみてください。

 

English简体中文,  繁體中文Türkçe バージョンもご用意しております。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,