論文受理率を上げるための英語論文ジャーナル選択のコツ(2)

学術ジャーナル投稿

こんにちは!英文校正ワードバイスです。本日は(1)に引き続き、論文投稿ジャーナル選定のコツについての記事です。

library-869061_960_720

4.投稿しようとするジャーナルに制限事項があるか

執筆した論文のタイプを受け付けていないジャーナルに投稿することで即座にリジェクトされてしまうことがあります。例えば、Journal of Psychiatryのような一部のジャーナルは、事例レポート形式の論文は掲載しません。したがって、ジャーナルごとの掲載条件を確認するためにターゲットジャーナルの「執筆者のための情報」の閲覧は必須です。また、単語数制限にも注意が必要です。論文が8000単語なのに、該当ジャーナルが5000単語以上の論文を受け付けないとしていた場合、相当な修正が必要となることでしょう。一部のジャーナルは非常に高額な掲載手数料を課すため、掲載費用も投稿への障壁になる場合もあります。掲載費用が高額になる例として、オープンアクセス・一定以上の追加ページ数・図でのカラー使用などがあります。

5.読者

ジャーナルを選ぶ際、「読者」も考慮しなければならない要素のうちの一つです。ジャーナルごとに読者層は異なるため、ターゲットジャーナルを選ぶことは読者を選ぶことと同義です。これは特に学際的プロジェクト(interdisciplinary project)に関わっている研究者にとって大きな問題となります。例えば、「選挙の投票技術」に関わる研究を行ったとしたら、その論文はコンピュータサイエンス分野の主要顧客を読者として獲得しているジャーナルに掲載することも、また、より一般的な政治学ジャーナルに掲載することもできます。よって、著者はどんな読者にアピールしたいのかを決定し、その読者にアピールするために論文が適切な方法で執筆されているか確認することが重要になってくるのです。

journal

6.JournalGuide利用

どんなジャーナルを選べばいいか全く見当がつかない場合は、JournalGuide (www.journalguide.com)のような無料ツールを利用するのも手です。JournalGuideでは、様々なジャーナルをタイトル・カテゴリ・出版社などで検索することができます。また、これを利用して論文のタイトルと抄録を入力し、似たテーマの論文を掲載しているジャーナルを探すこともできます。また、検討中のジャーナルリストをアカウントに保存し、並べて比較できる機能もあるので便利です。JournalGuideは8千万件以上の発表論文集とも言えるので、これを利用することで各ジャーナルのホームページをいちいち訪問する必要がなくなり、時間と労力を大幅に節約できます。

pexels-photo-106399

投稿成功のための英語論文ジャーナル選択のコツについては、以上で終了します。適切なジャーナル選択で皆様の素晴らしい論文がより多くの、また適切な読者の元に届きますように、ワードバイスも陰ながら応援しております。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,