4種類の論文レビュータイプ: 自分にとって有利なレビュータイプとは?

学術ジャーナル投稿



피어리뷰

適切なジャーナルを選ぶ方法についてのポスティングに続き、今回はジャーナルが使用するレビューのタイプについて探ってみましょう。ターゲットジャーナルのリストを作るとき、ジャーナルの目的とテーマだけでなく、該当ジャーナルのレビュータイプについても考慮する必要があります。レビューのタイプは大きく分けて二つのカテゴリに属します。エディトリアルレビュー(editorial review)とピアレビュー(peer review)です。後者のピアレビューはさらに何種類かのタイプに細分化できます。今回のポスティングで各タイプについての定義と、各レビュータイプが投稿成功確率にどのように影響を与えるのかについて説明していきます。

エディトリアルレビュー(editorial review)とは?

名前から分かるように、エディトリアルレビューとはジャーナルのエディターたちが、投稿された論文がジャーナルの要件を満たしているか決定するレビューのタイプのことを言います。一般的に、(論評もしくは著者の見解に対する文章のように)自分の論文が研究を基盤としていない場合は、該当ジャーナルのエディターだけが論文を審査することとなります。しかし、論文が研究を基盤としている場合(おそらく皆さんがこのポスティングを読んでいる理由でしょう)には、ジャーナルのエディターがジャーナル審査プロセスの最初の段階に関わった後、様々な要素を考慮して論文を追加審査のためピアレビュアーに投稿論文を伝達するかどうかを決定します。これについて、ワードバイスでは以前のポスティングで論文が拒否される最もよくある理由をとして、関連する様々な要素とともに述べてきました。

論文が第一段階の審査を通過した場合、該当ジャーナルのエディターは少数のピアレビュアー(通常2、3人)に連絡した後、審査のために該当論文を伝達します。

ピアレビュー (peer review)とは?

ジャーナルは数あるピアレビュー方法のうち、様々な方法を使用しています。一つのタイプのピアレビューにこだわるジャーナルもあれば、Natureのように著者がシングルブラインド(single-blind)とダブルブラインド(double-blind)レビューのうち一つを選択できるようにしているジャーナルもあります。どの選択が皆さんにとって最善でしょうか?もう少し詳しく見てみましょう。

シングルブラインド(single-blind)レビューとは何のことで、この場合どのように論文を準備しなくてはならないか?

シングルブラインドレビューのレビュアーたちは、著者が誰かは知っていますがレビュアーたちは匿名です。このタイプのレビューでは、論文の著者は論文投稿書類で著者の識別情報を削除する必要がありません。シングルブラインドピアレビューの長所と短所について詳しく知るためには、下記の表をご参考ください。

ダブルブラインド(double-blind)レビューとは何のことで、この場合どのように論文を準備しなくてはならないか?

ダブルブラインドは関係者の身元がすべて匿名であることを意味します。このタイプでは、著者はレビュアーの名前を知らず、レビュアーも著者が誰か知りません。ダブルブラインドプロセスを通して論文を提出する場合、本人の論文から著者の識別情報を一切削除しなければなりません。このとき、ターゲットジャーナルが提示する指針をすべて遵守するよう、注意しなければなりません。一般的に、上記の匿名化プロセス(anonymization process)には下の段階があります。

ダブルブラインドレビュープロセスに備えるためのチェックリスト

  • 論文投稿ファイルのメタデータ部分で著者、機関、提携機関の名前などその他識別情報を削除しなければなりません。ファイルの属性を確認し、”著者”, “管理者”, “機関”, “最終ユーザー”、”ユーザー指定フィールド”のような属性に著者の名前、機関などが含まれていないか確認しましょう。
  • 識別情報は、論文から削除しても別途のファイルには含まれていなければなりません。ハードコピーで論文を提出する場合、個人情報を含む別途のタイトルページを提出しなければなりません。
  • 論文本体ではなく、カバーレターもしくは謝辞(Acknowledgement)に著者と寄与者(contributor)の情報を記載しなければなりません。また、レビューの手順が完了した後、意図的に省略した情報を再び追加することもできます。
  • 著者および機関名が図や図の説明(legend)に記載されていないか確認しなければなりません。
  • ヘッダーとフッターをダブルチェックし、個人情報を削除します。
  • 自分自身を引用するときには三人称を使用しなければなりません。例えば、“We have previously…” の代わりに “Jones and Thompson (2015) have…” と書かなくてはなりません。また、“…has been shown before [Anonymous, 2015]”のように記載することもできます。同様に、参照目録では“Jones and Thompson, 2015″ または “[Anonymous, 2015]”と記載することもできます。投稿関連書類では一貫して三人称または”Anonymous”を適用しなければなりません。
  • まだ掲載承認(accept)されていない参考文献は除外しなければなりません。

オープンレビュー(open review)およびハイブリッドレビュー(hybrid review)とは?

オープンレビュープロセスでは、皆が著者とレビュアーの名前を知っています。しかし、論文に対するコメントを大衆に公開するかどうかは選ぶことができます。一部のジャーナルはハイブリッドレビュープロセスも採用しています。例えば、”Electronic Transactions on Artificial Intelligence“ジャーナルがその例です。ハイブリッドレビューとは次のようなものです。

  • ここでのハイブリッドタイプでは、該当ジャーナルのエディターたちがまず論文が適切なテーマを持っているか、実質的に妥当かどうかを決定する一般的なエディトリアルレビュープロセスから始まります。
  • 論文が最初の関門を通過すると、その論文はすべてのピアレビュアーのオープンレビューのために討論掲示板に掲示されます。
  • 何か月かの間、すべての人々は該当の論文に対する質問と意見を閲覧することができます。該当ジャーナルのエディターは論文内容とテーマとの関連性を維持し、論文の品質が最低限のレベルを満たすよう、該当のフォーラム(forum)を管理します。
  • このプロセスが完了した後、著者は公開されたフィードバックに基づいて自分の論文を修正することができます。
  • このように修正された論文はシングルブラインドレビューシステムを通して選別された専門家に伝達されます。この最後の段階で、審査員(ピアレビュアー)は論文の掲載承認可否について決定します。この時点で、広範囲のコメントが既にオープンレビュープロセスの間行われているため、論文掲載承認に関する実質的な論議はそれ以上行われません。

どのレビュータイプが自分の研究に合っているか?

ここまで様々なピアレビューシステムを見てきましたが、自分の研究に適したジャーナルを探すとき、レビュータイプをどのように決定すればいいのでしょうか?ワードバイスでは、下の表に各レビュータイプの長所と短所を整理してみました。表でご確認いただけるように、考慮しなければならない優先事項は次のようになっています。:オープンレビューシステムを通して提起される難解な質問に答える準備ができているか、自分が誰か・どこの出身なのか公開する意向があるか、ピアたちが論文を評価する際に自分の名声がプラスに作用するか、もしくはマイナスに作用するかなどがその要素です。もしもあなたが人気分野に新規参入した研究者の場合、ブラインドレビューシステムがオープンレビューシステムよりも有利と思われますが、これは自分の研究が他のどんな要素の影響も受けず、ただ研究の価値だけで評価されることができるからです。逆に、もしもあなたがまだ広く知られていない分野で研究している場合には、該当ジャーナルのレビュアーたちはダブルブラインドレビュータイプであってもあなたが誰かすぐに分かってしまうでしょう。このような場合、オープンタイプのレビューのほうが有利と思われますが、それは大衆によって評価されることで自ら対する偏見を減らすことができ、論文審査の客観性を上げることができるからです。

 

レビュータイプ 長所 短所
シングルブラインド
  • レビュアーは圧力や意義を受けず、自由に審査論文に対して批判することができます。
  • 著者が誰かという情報だけでも研究テーマに関わる文脈を知ることができ、レビュアーたちが投稿された論文を評価するのに必要な多くの情報を得ることができます。
  • 個人的偏見: レビュアーが客観的に論文に重点を置いた評価をせず、単に著者に対しての評価を下す可能性があります。
  • 性別や地域に対する偏見などの差別要素が論文の運命を分ける可能性があります。(例えば、一部の人々は開発途上国で行われた研究に対して懐疑的な可能性もあります。)
ダブルブラインド
  • 地域や性別に対する偏見および著者の背景に関わる差別要素が顕著に減ります。
  • 著者とレビュアーどちらも個人攻撃または圧力の対象にならずに済みます。
  • 著者の背景を知っていることが実際に審査する研究を理解するのに役立つことがあります。
  • ダブルブラインドシステムは完璧に構築されているわけではありません。したがって、レビュアーは研究テーマ、文体などを元に著者の身元について推測することもできます。
  • 著者の背景を知っていることが、実際に審査する研究を理解するのに役立つことがあります。
  • ダブルブラインドシステムは完璧に構築されているわけではありません。したがって、レビュアーは研究テーマ、文体などを元に著者の身元について推測することもできます。
オープン
  • 透明性(Transparency)があり、操作の危険性と偏見を減らすことができます。
  • レビュアーは大衆が満足する返信をしなければならないということに圧迫感を感じたり、否定的な批判を自制したりする可能性があります。
  • レビュアーは大衆が満足する返信をしなければならないということに圧迫感を感じたり、否定的な批判を自制したりする可能性があります。
ハイブリッド
  • 透明性(Transparency)があり、操作の危険性と偏見を減らすことができます。
  • レビュアーは長時間にわたって論文に対する広範囲のコメントを提供し、著者とコミュニケーションを取ることができます。
  • 著者は自分の論文がオープンシステムに公開された日を論文の優先出版日(publication priority)として指定することができます。
  • 著者は研究に必要なものが全て備わっているのか、また研究方法が妥当かについて論文投稿前に慎重に決定するため、掲載拒否率が下がります。
  • オープンレビュー期間、著者は困難な質問にも回答しなければなりません。それでも、このプロセスによって論文が未完成状態で投稿されることを防ぐことができます。
  •  オープンレビュー期間、著者は困難な質問にも回答しなければなりません。それでも、このプロセスによって論文が未完成状態で投稿されることを防ぐことができます。

English简体中文, 繁體中文Türkçe バージョンもご用意しています。

タグ: , , , , , , , , , ,