アドミッションエッセイへの第一歩:下書きの作成方法

ライティングのコツ,海外大学留学

SOP、推薦状、 スタンフォード大学、ハーバード大学等の名門大学入学エッセイ「Admission Essay」を作成する時、“First Draft(最初の下書き)”が非常に重要となります。はじめから完璧な文章を作成することは難しいですが、文章の書き方の基本を知でれば効果的なエッセイが書きやすくなります。

Step 1. 問題を探求してみましょう

エッセイ問題文を見てすぐに書き始めるのではなく、エッセイトピックについて十分に考える時間を持ちましょう。問題のキーワードにのみ集中するのではなく、大学側がなぜこの問題を出題したのか出題者の立場を考えてみてください。問題の意図を把握できずにいると、エッセイの内容が出題者の意図とは全く別の方向に向かってしまいます。

Step 2. エッセイの方向性をキャッチしましょう

英文エッセイの「序論」はエッセイ全体の内容を含んでいるとても重要な部分です。著者がどのようにテーマを理解し、解いていくのかを示すため、「序論」に対するアイデアを最初に整理してみると全般的なエッセイの方向性が見えてきます。アイデアに取り組む段階では、文の形式にとらわれる必要はありません。また、エッセイの冒頭文は入学審査官の目に付きやすい部分となりますので、特に真摯に時間をかけて取り組みましょう。

Step 3. 全体的な概要に取り組んでみましょう

エッセイの主題と一貫性、統一性を持ちつつ同時に文章段落がそれぞれ異なるサブコンテンツで構成されている場合、着者の意見を効果的に伝達できているエッセイだと言えます。そのため、本人が前段階のエッセイの方向性のパターンを段落ごとにどのような内容で展開していくのか具体的に整理してみましょう。内容面で説得力がいくよう自分の考えを裏付ける根拠と例示を含む具体的な内容を入れ込むとより有利となります。

Step 4. 下書きの作成

アイデアが十分に整理できたらそれらを基にエッセイの下書きに取り組みましょう。下書きを作成する時は、もう少し具体的な例示と本人の考えを文章として全て表現できるようにする努力が必要となります。しかし下書きの段階でテーマと関連するすべての内容を書くことは難しいので、アメリカ大学出題者に興味を抱いてもらえる内容のみで構成していきます。

Step 5. 完璧なエッセイのための下書きを向上させる方法を模索してみましょう

下書きを入念に読んでみて、もう一度エッセイの下書き内容が出題者の意図と合致しているかどうかを確認してみましょう。例えばエッセイで「私自身」について書く場合、自身の出身校やそれ以外の似た情報を書く際に、余計な文章が含まれていないか、説明が長過ぎていないか確認し省いていきましょう。小さな文法の誤りの修正や、より良い語彙に変更する作業は下書きが完了した後に持ち越しましょう。

 

下書きが完了したら、アドミッション校正者に専門的な英文校正と添削をしてもらい、完璧に近いアドミッションエッセイに仕上げてもらうことをお忘れずに!ワードバイスの英文校正・英文校閲校正者は、文法やスペリングチェック、文章のスタイルを自然な文体への流れに修正するだけではなく、構成内容、変換及び、正しい単語の選択に関するの実質的なコメントまで提供しています。アドミッション英文校正サービスに関する情報は、「留学願書校正サービスをご参照ください。

 

また、英文校正・英文校閲ワードバイスでは、米国大学進学に必要な自己紹介書、米国大学入試のエッセイや推薦状の日英翻訳サービスも提供しております。翻訳された英文は全てネイティブにて校正されるダブルサービスとなります。詳しくは「プレミアムエッセイ翻訳サービスをご覧ください。