世界のトップMBAインタビューでの頻出質問とは?

MBA留学

Stressful people waiting for job interview

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

本日は、MBA受験を控える皆様のために、実際に世界のトップMBAの面接審査(インタビュー)でよく聞かれている質問と回答の考え方について詳しく解説した記事です。英語に自信がないので面接が不安という方も、以下の質問と回答例を参考に、あらかじめ代表的な質問に対する回答案を作成しておきましょう。

MBAのインタビューでの頻出質問

世界ランキングトップ10に入るようなMBAでは、それぞれ独自の質問を毎年行っていることが知られていますが(US News & World Report)、Clear AdmitPoets&Quantsが行ったMBA志望者への調査はトップ校にも適用できる共通した質問があることを示しています。となると、これらの名門校で共通して尋ねられている質問は、どのビジネススクールを受験するにしても最初に対策しておくべき必須の質問と考えられます。

以下では、MBAのインタビューで聞かれやすい質問とそれを実際に頻繁に出題している学校を挙げ、質問の意図と回答例を紹介していきます。

トップスクールの頻出質問まとめ

1. Why are you interested in this school/program?

質問の意図: “Why?”と理由を尋ねる質問は、面接において最もオーソドックスな質問です。ただし、志望動機を尋ねる質問の場合、誰もが知る名門校に出願しているのですから、学校の歴史や名声を理由にするのは良い方法ではありません。「自分は」なぜこの学校に入りたいのか?と常に目的を中心に据えて考え、どのような面でその学校のプログラムが自分の目標達成のために適していると考えているのか述べます。学校が見たがっているのは受験生の目的意識とプログラムへの理解に基づいた、学校と受験生のマッチングです。そのMBAプログラムへの進学が自分の目標を叶えるためにベストな選択である理由を、正直かつ論理的に述べましょう。

重要要素: 学校の立地、校風、施設、カリキュラム、学校の強み、産業界とのつながり、就職状況、キャリアのゴールなど

回答例:

I applied at Berkeley because it is one of the very few schools that offers an MBA program with full specialization in Entrepreneurship. I plan to run a software startup company upon receiving my degree and the Haas School’s emphasis on small business, reflected in the Marketing Management course led by Prof. Paul Heider, will prepare me to venture out into the competitive world of software design. Also, because I currently live in Sacramento and have residence in California, a state school like Berkeley is the most practical choice for someone in my financial position.”

Tip: あれこれ述べるよりも、学校やプログラムの2-3つの要素に絞って具体的に触れながら説明すると良いでしょう。

2. Why are you pursuing an MBA now?

質問の意図: この質問の核心となるのは「今」というタイミングです。どのような状況があって、今MBAに進学するという大きな決断をすることになったのでしょうか。今現在社会人であるならば、社会人から再び学生へと戻る決断をすることになった動機を述べます。ゆくゆくはヘッジファンドのマネージャーとして活躍したい、銀行の支店長になりたいなど、究極的なキャリア目標と絡めて「なぜ今なのか」という質問に適切に答えるためには、以下のような要素を意識して回答を考えてみましょう。

  • これまでどのような専門的経験をしてきたのか – 仕事をする中で得た業務スキルや個人的な進歩など
  • 具体的なキャリアプラン
  • 今想定しているキャリアプランの中で「今」「MBAに進学すること」がベストな道だと考えている理由や、そう考えるようになったきっかけ

重要要素: 現在の職業や大学(院)でのポジション、具体的なキャリアゴール、経済的状況、夢や情熱、行動計画

回答例:

“My decade of sales experience in the dairy industry has been extremely fulfilling and I’ve grown as a leader while developing communication and problem-solving skills through numerous campaigns. This has given me a desire to branch out to other industries as a marketing consultant, where I can use my industry knowledge to benefit growing businesses.

Because I wish to devote my career to helping small organic farms acquire a foothold in mid- to large-sized markets and execute their marketing strategies, I realize that I need to gain all of the current strategies of consulting that an MBA program offers. I recently became interested in marketing strategy and how it increases visibility. I have begun networking with other consultants in the industry, leading to informational interviews that have grown my interest while showing me the necessity of a world-class business education.

With my past education in sales, there is no way to break into consulting unless I ‘power-up’ my skills with an MBA. I am 38 years old and have a young family, so I can’t imagine a better time than now to take this leap.”

Tip: 時系列に沿ってあなたのストーリーを語ると良いでしょう。

3.  Tell me about yourself.

質問の意図: 自己紹介と考えてしまえば、非常にシンプルでオーソドックスな質問です。しかしこのようなオープンエンドの質問こそ、回答の方向性が悩ましいところだと思います。一つの方法として、レジュメを口頭で要約するかのようにまず基本的な自己紹介から内容を考えていくのも良いでしょう。これまでの歩みや成果について詳しく話す前に、あなたを定義づけるようなキーワードをシンプルに提示するようにすると、話の内容がまとまりやすく、印象に残りやすくなります。あなたの強みや情熱、性格をこれまでの経験や将来的なゴールと結び付けて語る内容が、最終的に「なぜあなたは今このインタビューの場にいるのか?」という問いへの答えにならなくてはなりません。以下の要素に注意しましょう。

  1. 自己紹介 – 名前、あなたを説明するのに重要な資格やポジション
  2. 将来就きたい職業や興味のある分野に対する情熱を語る
  3. これまでに得た専門的な経験を要約して述べる
  4. なぜこの場にいるのか – その学校のMBAプログラムから何を得ることを目的にここに来たのか

ハーバードのビジネススクールは特殊な質問をすることで知られています。

重要要素: 関連する専門用語、業務上の強み、個人的・専門的な情熱、あなたに関するユニークな事実、キャリアゴール

回答例:

“My name is Coleen Cho and I’ve been a client relationship officer at Trident Affiliates for the past four years. The most important things to know about me are probably that I have a passion for using numbers to get the best results, and that I always look for the positive in everything I do. These traits have sustained me during challenging periods in my career but have also kindled my passion for management and my resolve to take on the role of COO for an NGO.

After graduating from Texas A&M with a degree in finance, I got my first corporate job as an account analyst at Struthers & Co., where my positive attitude came in handy. During my three years at the firm, I spent a lot of time on tasks I felt did not fully utilize my skills. But through this work I learned the value of attention to detail. When I moved to Trident in 2010, I turned this attention to detail to my clients. I tried to learn everything I could about them and truly appreciate their character and values in order to maximize their satisfaction for the benefit of the company. Although working with people is a lot different than crunching numbers, I find that paying attention to details like their needs and personal perspectives requires an equal amount of care and focus. I truly love this aspect of management.

I am grateful for my experience and proud of my achievements at these firms over the past seven because they have brought me to where I am today. With a deep respect for people and for hard work, and with my past experiences and the invaluable skills I will learn in this MBA program, I am optimistic about the next chapter in my career.”

Tip: レジュメを読み上げているだけでは意味がありません。どのようなことに特に情熱を持って取り組んだかなど、レジュメの内容を深く掘り下げて話しましょう。

4. Tell me about a time you demonstrated leadership. What did you learn from it?

質問の意図: MBAプログラムは新しいスキルを習得するのと同じくらいに、周りの学生とのチームワークや円滑なコミュニケーションも重要な態度として求められるため、リーダーシップは面接を通して非常に高い比重を持って評価される要素の一つです。組織を統率したり、それにより障壁を乗り越えた経験について話しましょう。職場で特にそのような場面を経験しなかったと言う場合には、大学や個人的な生活など、ビジネス以外の場面で特定の目標のためにリーダーシップを発揮した経験について述べても構いません。クラブや団体を主催した経験や、奉仕活動や委員会・学生会など政治的集まりにおいて指導的役割を経験したことはありませんか?リーダーシップとは何も自分が前に出ることだけを指すのではなく、チームのメンバーの意見に適切に耳を傾け、応答し、目標達成のための動機付けを行うなど、目標達成のために効果的に組織を導く能力も重要な要素です。過去を振り返り、目標達成のために組織を導いた経験があるか思い出してみましょう。

回答を考える上で、“STAR” approachを参考にしてみましょう。

  • (S/T) あなたが経験したSITUATIONやTASKについて説明
  • (A) APPROACHの方法を論じる – 具体的な課題解決のためにとった行動を詳しく説明
  • (R) その行動が良いRESULTSにどのように繋がったのか説明

重要要素: 関わっていたプロジェクト、あなたの役割、プロジェクトの結果、教訓

回答例:

SITUATION/TASK: “When I began working as a marketing manager with Stratton Corp., sales were only at 70% of that of our closest competitor. Although we were running over twenty active advertising campaigns, our ROI was quite low. As you can imagine, the head office was unhappy with this performance and the morale in the marketing department was dismal. As a manager, I was responsible for maintaining optimal performance and for the effectiveness of the department’s activity.”

APPROACH: “I decided that we needed to not only run different marketing campaigns, but to entirely rebrand at least three of our product lines. I first divided the marketing team into smaller task force groups, each responsible for brainstorming new ideas, benchmarking and researching competing brands, and creating proposals for marketing strategies to enhance our brand image. Next, I developed a marketing workflow so that new ideas could be shared ASAP with other groups and so that each group could receive feedback on their proposals. Although I was responsible for providing managerial feedback, my biggest role was in facilitating cooperation between them so that the most impactful proposals would rise to the top.”

RESULT: “The positive effect my workflow restructuring had on sales was immediate. Within four months we had completely rebranded three of our main products. We recorded a quarterly sales increase of 25%, the largest in the branch’s history. But the impact on the morale of the employees was the most astonishing to me—within one month, almost every member of the task force teams was volunteering to work late to come up with the best ideas. Involving all members in the creative process and discovering strategies for improvement made them feel empowered. This success taught me that leadership is more about strengthening the lines of communication than about giving orders.”

Tip: 具体的な数を挙げて比較するなど、アプローチと結果の関係を客観的に説明しましょう。(e.g., “an increase of 30% productivity,” “12,000 new subscribers”).

5. What are your short-term and long-term career goals?

質問の意図: MBAインタビューでの様々な質問は、基本的に受験生がMBA取得後に何をするつもりなのかということを具体的に描き出すために行われます。まずは目標を“short-term”と“long-term”に分けましょう。そして、長期・短期それぞれの目標について、具体的にどのようなことなのか、そしてなぜそれがあなたにとって重要なのか、目標達成のための手立ては現時点でどのように考えているのか、これまでの経験やMBAでの学びがその過程においてどのように役立つと思うのかというポイントを押さえて回答を考えていきます。まずは長期目標を挙げ、そのための短期目標をどのように設定したのか合理的に述べると良いでしょう。目標を話すときには「小さなビジネスを立ち上げたい」など漠然とした答え方をしてはいけません。「アフリカでマイクロローンのNGOを立ち上げたい」など、できるだけ現実的で具体的に説明するようにし、合わせてそのような目標を持つようになった理由と、目標達成のために行っている行動、目標を達成することの意義も述べます。MBAを取得することによって得られるスキルやポジションと絡めて答えることも意識します。

重要要素: キャリアゴールの詳細、キャリアゴールの理由、アクションプラン

回答例:

“My ultimate career goal is to head an environmentally-friendly outdoor sporting goods company in Minnesota, preferably near my hometown. My deep love of the outdoors has inspired so much of what I do in life, and so I see this goal as a way to give back to my community and pass on my experiences to future generations. As CEO, I would be in a position to create a substantive company policy that ensures our products are environmentally friendly.

Reaching this position will require a tremendous understanding of the ins and outs of the sporting goods industry, as well as knowledge of the manufacturing process. Therefore, my short-term plan includes getting an MBA in strategic management and then working in the sales and marketing department of a sporting goods company to learn first-hand about consumer tastes and purchasing habits. Within ten years, I would like to head product development at a branch level. This will give me a more holistic view of sales trends and inform my understanding of implementing strategies focused on environmental awareness and CSR.

Ideally, I will be heading an established company or one that I found within 15 to 20 years. I expect to be experienced enough to lead as CEO after having gone through diverse experiences and having produced results at multiple levels. I feel that the knowledge I gain during my MBA will be fundamental to achieving these goals.

Tip: 目標達成の目途としての時期や基準を決めること

上記以外の頻出質問

Are there any questions you would like to ask the interviewer?

Why do you want to pursue an MBA?

Talk about a mistake or failure you experienced. How did you overcome it?

Why did you move to your current job/industry?

インタビューに備えるために、まずはMBAについて十分な情報収集を行うことが先決です。もちろん回答を一字一句暗記する必要はありませんが、面接前に予想質問と回答案を練り上げておくことは、当日にベストな状態で臨むために必ず必要な準備です。以上はごく一般的な質問について整理したものですので、出願校の過去の出題もよく調べて十分な対策を行っておきましょう。上記で挙げている名門ビジネススクールのMBAプログラムの詳細については以下のリンクをご参照ください。

MBA関連情報サイト・お役立ち記事

世界のビジネススクールTop10のウェブサイト

ワードバイスの留学情報

その他MBA受験対策関連記事

ワードバイスの海外留学用願書・履歴書添削サービス

ワードバイスでは豊富なMBAエッセイ添削経験を有するネイティブ校正者が合格できるエッセイの完成までをサポートいたします。お見積り・ご注文はいつでもサイト右上「自動お見積り・文書提出」よりワンタッチで完了します。