プレミアムエッセイ校正

プレミアムエッセイ校正サービス – Premium Admission Editing Service

プレミアムエッセイ英文校正サービスは、既存の海外留学入試エッセイ添削に30日間無制限の再校正サービスを追加したサービスです。担当校正者とのコミュニケーションと再校正プロセスを通して、英文エッセイの完成度を向上させます。

TOEFL、GREなどのテストスコアは十分なのにも関わらず、慣れない英文エッセイの執筆で苦戦してしまう志願者が多く見られます。日本人は基本的にエッセイのトレーニングが不十分な傾向があり、一度の添削では提出できるレベルに至らないことがほとんどです。

プレミアムエッセイ校正サービスの特徴

校正完了文書を受け取った後も、文章を見直し修正を重ねていく過程で様々なミスや内容上の不安が見つかるものです。数えきれない修正のプロセスが必要となる入試英文エッセイの場合、完成まで英語のプロがじっくりと向き合える無制限再校正オプションが最適です。
英文校正ワードバイスのプレミアムエッセイ校正サービスなら、一度の決済で30日間いつでも何度でも、担当校正者が最高品質のエッセイ校正でサポートいたします。

プレミアムエッセイ校正サービスのご利用案内

  • 無料再校正の保証期間は最初の注文から30日間となります。
  • 修正範囲が原稿の30%以内の場合のみ、無料で何度でも再校正致します。
  • 再校正は基本72時間納期とさせていただきます。
  • 校正内容についての質問は、いつでも担当校正者に直接問い合わせができます。
プレミアムエッセイ校正サービスプロセス
プレミアムエッセイ校正サービスプロセス

プレミアムエッセイ校正サービスの特徴

  • 語彙と文法
    よくある悩み: 文法が適切か、正しい語彙を使っているか不安
    解決策: 無料再校正サービスを利用して添削と修正を繰り返すことで、文法や語彙のネイティブチェックはもちろん、英語自体の質を磨き上げます。
  • 伝わりやすさ
    よくある悩み: 日本語の癖が出て、英語ネイティブらしくない表現を使ってしまっている気がする
    解決策: ワードバイスなら英語ネイティブの担当校正者が文章の流れや語彙に不自然な部分がないか徹底チェック。校正内容についての質問はいつでもメッセージシステムから受け付けています。
  • 内容の一貫性
    よくある悩み: エッセイのテーマに合致したことを書けているか不安
    解決策: 英米圏の名門大学出身のネイティブ校正者が内容構成についてのアドバイスも提供。もちろん、内容の変更に伴う再校正の場合も全体の30%以内なら何度でも対応致します。
  • 論理的文章構成
    よくある悩み: まとまりのない内容で、適切な自己アピールができていない気がする。
    解決策: 文法や文体、語彙がエッセイの使用に適したものに校正することでより印象的なエッセイへとグレードアップ。内容の流れや構成についてのアドバイスも行います。

校正経験から見た、よくあるエッセイのミス

英文校正ワードバイスが長年のエッセイ校正経験から見えてきた海外大学(大学院)志願者の「良くないエッセイの傾向」があります。悪い例を繰り返さないためには、プロのサポートの元で内容を吟味し、完成度を向上させることが大切です。

  1. 英語ネイティブには理解しにくいテーマについて扱っているエッセイ

    国内の狭い時事ニュースなど外国人の立場から理解しにくいテーマを解説的に扱ったり、日本語式の表現を過剰に使用しているエッセイが散見されます。エッセイを評価する審査員は、通常出願する国の人間です。せっかくのエッセイで日本人でなければ理解しにくい概念や言葉の説明に終始してしまっては自己アピールにならないばかりか、現地の教授や入学審査員に良い印象を与えません。

  2. 経歴を箇条書きのように並べただけで、文章の流れがないエッセイ

    海外大学(院)アドミッションのためのエッセイは、テストスコアだけでは表しきれない自らの志望動機や熱意、目標意識をアピールするチャンスです。本来経歴について説明するための文書は別途履歴書(レジュメ)があるのにも関わらず、エッセイでも重ねて経歴ばかりを書き連ねてしまうパターンが非常によく見られます。エッセイは文と文の繋がりを意識し、自分の目標について全体がまとまった展開となるように注意しましょう。

  3. 内容に一貫性のないエッセイ

    エッセイは質問に対する答えとなるテーマを一つに絞り込み、全体が一貫した内容となるように展開させることが最も重要です。しかし、実際志願者の多くが文章を書いているうちに主題を見失い、結果的にあれこれ詰め込んだだけのまとまりのない文章に行きついてしまうことが少なくありません。これは書き手だけではなく読み手をも混乱させ、本当の意図を読み取れなくなってしまいます。

  4. 基本的な文法ミスが見られるエッセイ

    冠詞の使用、語彙選択、but・andで始まる文章など、特に日本語話者が犯しやすいミスというものがあります。これらのミスは些細に見えて、英語ネイティブにとって相当な読みづらさと悪印象を与えるものです。特にアメリカなどの場合は、エッセイにおける基本事項の遵守を何よりも重んじる傾向があります。出願エッセイという重要な文書で文法やスペルなどの単純なミスを犯してしまうと、志願者自身の資質が疑われてしまいます。

  5. オリジナリティのあるメッセージが伝わってこないエッセイ

    出願エッセイにとって重要なのは「自分だけの率直なエピソードと見識(Insight)」を盛り込むことです。しかし、多くの志願者が英語力不足を理由に意図した内容を表現しきれず、ありきたりな内容で終わってしまっています。少しくらい拙い英語でも、自分だけの物事の見方・考え方をアピールできているエッセイは高評価を獲得しています。

英文校正ワードバイスはこのようなエッセイ執筆時に犯しがちなミスに対応し、より良いエッセイを完成させるための最善策として、無制限の再校正サービスをご提案しています。エッセイ添削のプロと共に内容のブラッシュアップを重ねることで、基礎的な英語力を鍛えるトレーニングにもなります。

Solution - プレミアムエッセイ校正サービスの強み

英文校正ワードバイスだけの30日間無制限再校正サービスで、具体的に以下のようにエッセイ内容を改善していきます。

  1. 英語ネイティブの大学教授・入学審査員にとって理解しやすいエッセイ

    英文校正ワードバイス所属の英文校正者は、全員が英語ネイティブです。中でも厳選された名門大学出身の修士・博士号取得校正者が添削指導を繰り返すことで、ネイティブに伝わる自然な英語に磨き上げます。

  2. 内容にまとまりのあるエッセイ

    文法や語彙に対するネイティブチェックだけでなく、テーマに合った内容となるよう単語や文章を再配置致します。一度の校正に終わらず修正後の再校正を経ることで、伝わりやすく自然な流れを持ったエッセイに完成させます。

  3. テーマに沿った一貫性のあるエッセイ

    質問(Prompt)の意図に沿ったテーマから逸脱せず、読み手にとって分かりやすくインパクトのある文章になるよう、言語面でブラッシュアップしていきます。

  4. 正確な文法と語彙で構成されているエッセイ

    一度の校正に終わらず、修正が生じるたびに細部まで精密なネイティブチェックを施すことで、エラーのないエッセイに仕上げます。英文校正ワードバイスの英文校正者は平均8年の校正経験を有するプロ集団です。

  5. 明確ではっきりとしたメッセージのあるエッセイ

    担当校正者とのメッセージシステムを通して本文だけでは表しきれなかった意図などを補足することができ、校正内容について質問がある場合も気軽に質問できます。

英文校正ワードバイスの校正実績

英文校正ワードバイスは創立以来、2,500人以上のお客さまに8,900件を超えるアドミッションエッセイ・SOP添削サービスを提供して参りました。そして、そのうち多くのお客さまが志望校合格の夢を叶え、Stanford、Columbia、INSEAD、UC Berkeleyなど世界的名門大学・大学院に進学しています。[合格者インタビュー]
  • ご紹介登録率
    41(%)
  • 英文エッセイ校正
    10,640
  • 英文推薦書校正
    1,877
  • リピート利用率
    91(%)
Last updated | 2017.11

アドミッション・キャリア校正 お客さまの声

  • J.N

    みずほ銀行、Financial Analyst

    英文履歴書やカバーレター作成にとても役立ちました。夜中にしか時間が作れなかったので、24時間依頼可能なところが本当に便利でした。

  • H.K

    UCバークレー金融工学部、Credit Suisse(HK)-理事

    大学院のSOPから投資銀行履歴書、カバーレター、Thank you letterまでずっとワードバイスでお世話になりました。後輩にも必ず勧めます。

15 15人のお客様がレビューを作成してくださいました。(満足度: 4.8/5)