「卒論うつ」を克服して効率的な卒業論文執筆

学術英語論文執筆

strong-dissertation

 

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

卒業論文、あるいは修士論文・博士論文を書き始めた時あなたは誓ったはずです。

「さぁ、明日から計画的にサクッと書き上げてしまおう!」

それにもかかわらず…時間が経てば経つほどその情熱は冷めていき、提出期限を目前にして「もう絶対に提出期限まで間に合う気がしない…終わった…」と諦めにも似た感情が湧き、ベッドに寝転がってしまう…

これは現在まさに卒論執筆中の学生の皆さんにとっては恐ろしい話であるとともに、何事もなく卒業したように見える多くの先輩方にとっても、実は身に覚えのある話だったりします。

しかし、卒論で苦しんでいるのはあなただけではありません。これまで多くの先輩方がそうであったように、また、今この瞬間にもあなたと同じように論文執筆中の数千人の学生がdissertation blues – いわゆる「卒論うつ」に苛まれているのです。そう考えれば、勇気が湧いてきませんか?

来る日も来る日も同じ文章・同じテーマに向き合う作業がどれだけの苦痛を伴うものか、私たち英文校正ワードバイスのネイティブ校正者たちもよく知っています。当社の修士・博士号取得校正者は全員がこのようなプロセスを辿ってきた先輩だからです。特に博士課程に在学中の皆さんにとっては、論文執筆での苦痛が生活すべてに影響を与えるほどの大きな問題になってしまうお気持ちがよく分かります。

Writing gif

論文が思うように進まず時間ばかりが過ぎていくとき、一体どうすればいいのでしょうか。今まさに行き詰まって筆が進まないという方々のために、ワードバイスでは本日の記事を用意してみました。

今回の記事は

(1) 学位論文の書き方

(2) 学位論文を書く際のTips.

の二つに分けて、テクニック面から「論文の書き方」、精神面から「モチベーションコントロール」の方法を解説致します。

※タイトル下のリンクから、今回の記事のポイントを図にまとめたpdfファイルをダウンロードできます。そちらもご活用ください。

 

効率的に論文執筆のために

 学位論文の書き方

  1. 執筆順序 – 学生が論文を書く際に最も苦痛を感じるのが、「書き始め」の段階と言います。心当たりがあるのではないでしょうか。: Introductionは最後に書きましょう!Methods and Resultsのようにある程度形式的に書き進められる部分から先に始めましょう。次に、DiscussionとIntroductionに筆を進めます。なぜでしょうか?
    • 科学論文において序論と結論は論理的な連続性のある内容となっている必要があります。序論には論文のイントロとして読者が論文を読み進めるための基本情報を提供する役割もありますが、後に続く結論をすんなりと理解できるように下準備をする役目もあります。一方、結論は研究の重要性と目的について説明するセクションです。つまり、序論で軽く触れた研究の意義と目的を、結論で具体的に説明するのがポイントです。
    • 序論と結論を同時に書いていくことで、二つのセクションの一貫性を常に意識して書き進めることができます。また、論旨の展開において不合理な部分を見つけやすくする効果もあります。研究を進行した上での分析的な内容(Discussion)を書く前に序論を完成させてしまうと、序論に辻褄を合わせるために十分な考察ができなくなる危険性があります。
    • 以上のような理由で、初期段階で序論を完璧に書き上げてしまう必要はありません。論文のテーマや研究課題について簡単に説明する程度に留めておいても構いません。最終段階で序論に戻り、論文全体の流れを考慮して本格的に書き上げるときまで、論文全体のガイド程度として捉えておきましょう。
    • Methodsを一番先に書き始めましょう。研究計画書・プロポーザルを提出した段階でMethodsの内容はほとんど完成しているものですが、まずは一つのセクションを書き上げておくことでその他の内容を執筆する際に心理的な余裕を持たせる効果もあります。
    • Methodsが書きあがったら、方法論同様書きやすいセクションであるResultsに進みます。
  2. 論文のスタイル: 修士論文・博士論文の場合、論文の内容だけでなく、フォーマットや文章スタイルなど形式的な面も重要視されます。読者が論文を流し読みするだけでも内容が頭に入ってくるような、無駄のない文章で構成されている必要があります。伝わりやすく簡潔な論文にするために、いくつかのポイントをご紹介します:
      • 字数を稼ぐための回りくどい表現や意味のない文章は徹底的に削らなければなりません。大学院の論文は、「量よりも質」が問われます。論文は研究成果を世間に広く伝えるための一つの手段に過ぎません。最終目的は「論文を書き上げる」ことではなく、「研究成果を伝える」ところにあることを覚えておきましょう。Wordiness(冗長な表現)を減らすためのTipsは下の記事もご参考ください。:
      • 英語ライティングにおいて各段落の冒頭文はその段落の内容を要約した最も重要な文章となるのが決まりです。最初の一文を読んだだけで論旨の流れを把握できるか、特に神経を使いましょう。
      • タイトルとサブタイトルはできるだけ簡潔で分かりやすいものとなるように吟味します。これは論文の完成度に関わるだけではなく、論文を執筆する上でも重要です。
      • 理系の博士論文などの場合は特に、ジャーナル投稿用の論文と同様の論文形式を持つことがほとんどです。投稿用論文の構成要素として一般的なものは以下でガイドしています。
      • 英語論文で使用される時制について不安な方はこちらの記事をぜひご参照ください。

    “If you can’t explain something simply, you don’t understand it well enough.” — Albert Einstein

  3. 完璧主義者になってはいけません。最初から完璧な論文にしようとするあまり、初稿段階にも関わらず小さなミスにばかり気を取られて先に進まない学生がいます。まずは細部の完成度よりも、全体的な骨組みを作成してしまうことが重要です。Jodi Picoultの言葉を引用するならば、“You might not write well every day, but you can always edit a bad page. You can’t edit a blank page.”ということです。まずは書かなければ、修正することもできません。Editing
  4. 論文を修正するときは様々な方法を考慮してみましょう。何か月もの間自分の書いた文章と向き合い続けていると、他人が読めばすぐに分かるような初歩的なミスもつい見逃してしまいがちになります。ミスをできる限り取り逃さないようにするための方法にはどのようなものがあるでしょうか。:
    • 第三者の目でチェックしてもらうのが一番です。専門分野は違っても英語に長けた知人などでも構いません。一生のものとして残る学位論文の場合は、提出前に専門校正者に英語校正を依頼するのが最善策です。ワードバイスは学生の皆様でもリーズナブルかつ気軽にご利用いただける英文校正サービスで全力サポートいたします。
    • 論文を逆から読んでみましょう。論文を構成する文章一つ一つを、最後から順番に読んでみるのです。こうすることで脳は文脈から次の文章を予想することができなくなり、普段気づけなかったミスが目に入るようになります。
  5. ペースを維持してコンスタントに書き続けましょう。当然のことのように思えて、学生にとって最も難しいのが「書き続けること」です。学位論文の執筆は長距離走と考えましょう。短期勝負で片付けられるものではありません。それでもやる気が起きないという学生の皆さんのために、英文校正ワードバイスがおすすめする力技が、ポモドーロ・テクニック(Pomodoro Techinique)です!:
    • 20-25分でタイマーをセットします。この区間をポモドーロと呼びます。
    • タイマーをスタートし、カウントダウンされている間休むことなく論文を書き続けます。その間は文法ミスなど他の事は考えず、ただひたすら文章を書くことだけに集中します。
    • ポモドーロが終了したら5分休憩を取ります。
    • 上のプロセスを繰り返します。
    • 4回繰り返したら、15~30분の長い休息を取りましょう。体を動かしたりして気分転換するのがおすすめです。
    • これを一日に二度繰り返せば、少なくとも一日2時間は確実に論文を書き進めることができるというわけです。

“You can’t think yourself out of a writing block; you have to write yourself out of a thinking block.” — John Rogers

Writing habits - don't give up

学位論文執筆Tips

1. 「論文を書く場所」を決める。論文を書く場所を決めてしまうことで、脳がその場所と論文を関連させて記憶し、モチベーションが湧かない時も強制的に論文執筆へと向かわせてくれます。図書館やカフェなど、家やベッドから遠い場所にすることが秘訣です!

“It’s no secret that the best place to write, in my opinion, is in a café. You don’t have to make your own coffee, you don’t have to feel like you’re in solitary confinement and if you have writers block, you can get up and walk to the next café while giving your batteries time to recharge and brain time to think.” — J. K. Rowling

2. 同志を見つける。同じ苦しみを味わう同志ほど心強い存在はありません。同学年の友人や同時期にプロジェクトを進行している知り合いを見つけて定期的に集まるようにし(少なくとも一週間に一度) 、お互いの進行状況について確認し合います。ミーティング後に一緒にストレスを解消するのも良いでしょう。

3. 自分が最も集中できる時間を見つける。夜行性の人間もいれば、早朝に仕事がはかどる人間もいます。脳の活動量が最も高まる時間帯に頭を使う作業をすることは、作業効率を高める点で当然有効なので、自分が朝型なのか夜型なのか見極めることはとても重要です。統計的には午前中に最も集中力が高まると言われていますが、自分が夜型であるという確信を持っている方は午後4時以降に論文を書く時間を設定するのが適しています。朝型の方は目覚めてから3時間以内に設定するのが最も効率的です。

4. 前向きに考えること。 口で言うのは簡単でも実行に移すのは本当に難しいものです。それは特に論文執筆のような、時間をかけて大きな作品を完成させる際に多くの人間が直面する問題でもあります。研究によると、ポジティブな感情とネガティブな感情を3:1になるよう維持することで集中力が上がるそうです。憂鬱な時見れば気分が明るくなるようなSNSアカウントをフォローしてみたり、一つ一つの目標を達成するたびに自分だけのごほうびを用意してみるのも手です。意外なことに、自分を追い詰めるよりも前向きに考えるほど動機につながるという事実を記憶しておきましょう。

 

以上のささやかなアドバイスが、卒業論文・修士論文・博士論文執筆中の皆さんのdissertation blues を克服する助けになれば幸いです。

英語のサポートが必要になったら、いつでもワードバイスにご相談ください。

“This is how you do it: you sit down at the keyboard and you put one word after another until its done. It’s that easy, and that hard.” — Neil Gaiman

 

English简体中文繁體中文Türkçe バージョンもご用意しています。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,