[映像講義] University of California 出願エッセイ執筆のポイント

映像レクチャー

こんにちは!英文校正ワードバイスです。今回はカリフォルニア大学への出願エッセイの書き方についての講義をお送りしますが、UC系大学と言えば、全米屈指の名門校としてアメリカ国内を始め世界中の留学生から大変な人気を集めている大学であり、当社英文校正ワードバイスが手掛けるアドミッション校正のうち多数を占めているのもUC系大学への出願用エッセイです。ただし、UC系列大学を目指すとなると、他大学受験とは別途の対策が必要となります。米国の大学の多くが入学試験にCommon Applicationシステムを採用していますが、UC系の大学では独自日程の元、Personal Insight Questionという独自のエッセイを課しているからです。今回は、このように別途の対策が必要となるUC系大学合格のために、エッセイに何を書けばいいのか、注意すべきことは何かなど、Kevinと一緒に詳しく見てみましょう。

[講義紹介]

UCLAやUC Berkeleyに代表されるカリフォルニア大学系列に共通する特徴と言えば、多様なバックグラウンドを持った学生の受け入れに熱心だという点です。そのため、UC系大学にはアジア人留学生が非常に多くなっています。そのような背景も考慮した上で、UCが求める学生像とそれに見合ったエッセイを仕上げるコツについて紹介する講義です。

[講義内容]

  • UC Personal Insight Questionの基本的な情報
  • エッセイの題材選びのためのブレインストーミングからエッセイ執筆までの6つのポイント
  • 追加情報と資料の提供

[トピック]

  1. Introduction to UC’s Personal Insight Questions
  2. What you need to include in your response
  3. Brainstorming some approaches
  4. Essay dos and don’ts
  5. Sample anecdotes for “showing” versus “telling”

[講義対象]

  • カリフォルニア大学への進学を希望している外国人学生

[講師プロフィール]

  • Kevin H.
  • 専門分野: Humanities and Arts Essay, Social and Literary theory
  • 英語校正経歴 5年、ワードバイス、Cactus、and A-Plus editing companies
  • 英語指導経歴8年 (from Beginner to Advanced, 留学希望者特化クラス)