海外大学(院)入試エッセイ – 9つのポイント

海外大学留学,海外大学院留学

こんにちは!英文校正ワードバイスです。本日は海外大学・大学院への留学の際に提出を求められる英文エッセイを作成する際のポイントを解説した記事をお送りします。以下9つのポイントを押さえて、簡潔で効果的なエッセイ作成を目指しましょう。

完成度の高い英語エッセイを書くには、アドミッションエッセイの指導に精通した校正者による添削・アドバイスが不可欠です。もちろんワードバイスがお手伝いいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

1. 斬新さ意識すること

エッセイは面接の代わりに自分を表現するための恰好の機会です。審査員はありがちな内容を求めていません。自分の個性と共に、「なぜその学校に入学しなければならないのか」大学を説得するように作成していきましょう。

2. 文章の流れを意識すること

文章と段落がうまく繋がっていない文章は読みづらく、文意が伝わりにくくなってしまいます。審査員は読みづらい文章のパズルを合わせているような暇はありません。誰が読んでも分かりやすく、意味が切れることなくなめらか流れる文章を提出しましょう。

3. 箇条書きのように事実を列挙しない

大学が求める学生像は、あらかじめ大学のウェブサイトで確認できます。とはいっても、その内容をそのまま列挙したところでありきたりで退屈なエッセイになってしまうだけです。あなただけの具体的な経験と実例を関連付け、できるだけ詳細に書くことです。

4. 英語のミスは厳禁

あなたが書いているのは大学(院)への出願エッセイであり、ただの練習用英作文ではありません。一度提出してしまったエッセイは、どんな理由があっても書き直すことはできません。入学審査員に対して正しい英文法・文体で執筆された洗練されたエッセイを提出するということは、受験生の基本的な態度の問題であり、留学生だからと言って無礼が許される部分ではありません。文法さえもおぼつかない文章は、内容を読むまでもないと判断されてしまいます。

5. 質問の意図を正確に把握すること

なぜこの専攻を選んだのか?という質問に対して、ついつい感情的になって感動的なストーリーを書き上げようとする人がいます。そのストーリーが本当に専攻と関連を持っていて、論理的であれば構いませんが、感情に流されているだけの場合は主題の選択を誤っています。

6. 読み手を意識すること

読者は自分ではなく入学審査員です。あなたには理解できても、他人が読んだときに何を言っているか分からないのでは意味がありません。独りよがりにならず、読み手が求める内容の選択、読み手を配慮した構成を意識して作成しましょう。プロの校正者や担当教師、友人など第三者のチェックが必要なのもこのような理由からです。

7. 価値観のバランスを考えること

ある意見を提示したら、それに対する反対意見も提示するようにします。確固たる意見がある場合も、ある基準を持って二つを比較し、理由を適切に説明することでよりロジカルな文章になります。

8. 見直し-書き直しを繰り返すこと

一つのエッセイを書き上げる過程には終わりがありません。推敲を重ね、最後の一字まで過不足のない誰もが感嘆するようなエッセイに仕上げましょう。

9. 時間に余裕を持とう

締切一週間前にエッセイを書き始めても合格する人はいます。しかし、一度しかない受験の、しかも最も重要と言われるエッセイの作成でそのような危険を冒す意味があるでしょうか?英文校正ワードバイスでは、少なくとも1か月前から準備を始めることをおすすめしています。当社では数千件に及ぶエッセイ添削の経験から、エッセイの完成度は、執筆に費やした時間と比例する部分があることを知っているからです。

 

以上の心構えを意識し、スムーズなエッセイ完成を目指しましょう。書き上げたエッセイは、必ずネイティブチェックを受けることを忘れずに。