研究に関する質問や仮説は論文のどのセクションにいれるべきか?

論文投稿ガイド

ラットとパニック発作:博士課程学生の話

Silkefinal

ドイツで薬理学の博士号を執筆した数年前、私は最初のパニック発作を経験しました。私は実験のためにラットをギロチンと呼ばれる非常に醜いツールで殺す方法を学びました。その後、肝臓を切除して肝臓を潰し、シクロスポリンA(免疫抑制剤)でスパイクし代謝物を高圧液体クロマトグラフィーで提示しました。
そんなラット研究を繰り返した後に、私は別の深刻なパニック発作を起こしました。 私のドクトラルアドバイザーがラット肝臓の何百もの粘り気のあるメッシュで検出されたiclosporin A代謝物に関して、私に最初の研究論文を書くように指示したのです。そう言われた瞬間に私はパニック発作を起こしました。 悲しいことに、この第2のパニック発作は、インターネット普及前、研究論文の書き方に関する情報収集することが簡単ではなかったの時代に引き起こされたのです。

私が書いた最初の研究論文は古代の歴史です。しかし、それはほんの数年後のことであり、アメリカに住み、最も科学的な研究論文の言葉に没頭していました。さまざまなライティングプログラムやアカデミックな自習コースに参加したりしていた際にアメリカのメディカルライター協会が開催している会議に参加したことで「良い」研究論文を書くというまるでアートのような世界へ目覚めさせられたのです。

“So what does writing a ‘strong’ research paper entail? “

良い執筆は、あなたの研究に関する質問(または仮説)を明確に述べることから始まります 。

the subsequent Methods(事後のメソッド)、結果、およびディスカッションセクションで論文全体が構築され、展開される焦点。この研究に関する質問または仮説は、原稿の最初のセクションにはじめに入れます。はじめに少なくとも3つの主要な要素について説明します。

a) what is known or believed about the topic;

b) what is still unknown (or problematic)

c) what the question or hypothesis of your investigation is.

医学論文執筆者の中には、この「Introduction」の組織構造を「ファネル・シェイプ( “funnel shape” )」と呼ぶ人もいます。それはこれが大きな画像とともにより広い範囲でスタートし、科学的かつ理的なステップをたどり、最後に漏斗の最後のごとく研究の焦点に話を絞り込みます。

研究に関する質問が論理的に序文に埋め込まれていることをより細かく見て、それを強力な焦点にして、研究の重要性に対する読者の関心を刺激してみましょう。

a) The Known

いままで行ってきた研究で得た知識または、簡単な概観を読者に向けて述べることから始めます。

私の研究論文の1つ目の主題は、「末期腎臓病(ESRD)患者の死亡の独立した予測因子としての糖尿病の価値の調査」でした。
そのため、はじめに、糖尿病が末期腎臓病(ESRD)の主要な原因であるという基本的な知識を最初に提示し、読者の関心をこの特定の研究集団により理解してもらえるようにしました。それから私は糖尿病が確かに一般集団における死亡の独立した危険因子であるように思われるという以前の研究を提示しました。 しかしながら、ESRD集団で行われた研究はほとんどなく、それらは物議を醸す結果をもたらしただけでした。

Example: “It seems well established that there is a link between diabetic nephropathy and hypertensive nephropathy and end-stage renal disease (ESRD) in Western countries. In 2014, 73% of patients in US hospitals had comorbid ESRD and type 2 diabetes (1, 2, 3)…”

 b) The Unknown

この例では、「論争」は「未知」または「問題」を指摘しているので、さらなる研究が正当化される理由を強く示しています。
「わからない」、「・・・・は、まだ決定されていない」、「・・・はまだ不明」などのフレーズを使用して、不明な部分を明確に明示または暗示する必要があります。 研究は新しいものであり、これはあなたの研究問題への円滑な移行を生み出します。

Example: “However, previous studies have failed to isolate diabetes as an independent factor, and thus much remains unknown about specific risk factors associated with both diabetes and ESRD.”

c) The Research Question (Hypothesis)

研究上の質問を1つか2つの短い文で記述することが重要です。 「故意」または「それに応じて」などの1語、または「この理由で」または「この重要な情報の欠如を考慮する」などの短い語句を使用して、未知から研究問題への移行をマークするために移行を使用します。
私たちの例では、以下のように研究質問を述べました。

Example: “Therefore, the primary goal of our study was to perform a Kaplan-Meier survival study and to investigate, by means of the Cox proportional hazard model, the value of diabetes as an independent predictor of death in diabetic patients with ESRD.”

研究の質問には、それに答えるために使用された研究の実験的アプローチが含まれる場合があることもあります。

研究質問を始めるもう一つの有効な方法は、読者がより容易に答えを予想できるように、研究質問を仮説として述べることです。 私たちの場合、質問は次のように述べてみました。

Example: “To test the hypothesis that diabetes is an independent predictor of death in people with ESRD, we performed a Kaplan-Survival study and investigated the value of diabetes by means of the Cox proportional hazard model.”

この文は、仮説自体を示す序文節で始まり、文の後半のアプローチの概要にうまく移行しています。
序論の一般的な枠組みは、1つだけではなく2つの研究問題を含むように修正してもよいでしょう。。 そのような場合、両方の質問は前の記述から必然的に続かなければならず、2番目の質問につながる背景情報が省略できないことになります。 こうなると序論は大変わかりにくいものとなり読者は一体どこからこの質問が来るものなのかがわからなくなります。

まずは目的をしっかり念頭に置いてから始めましょう。

最後に、私から科学論文(または単に研究論文の紹介)を初めて書こうとしている研究者の皆さまに最も重要なアドバイスをしたいと思います。 なぜ、あなたがこの特定の調査をしたかったのか、なぜ調べたいのか、そしてどのような方法であなたが調査をしたのかという理由を心に留めておいてください。 あなたが論文を始める前にこれらの質問に対する答えを念頭に置いているならば、実際の筆記作業は簡単で仕方なくなるでしょ。 そしてうまくいけばパニック発作が起こることもないのです。

WORDVICE関連リソース

ワードバイスの英語論文校閲サービス

英文校正ワードバイスでは、各分野にて専門的な研究経験を有する、修士・博士号取得の校正者が24時間年中無休で英語論文の校正を行っています。ご依頼時に論文のフォーマット(APA,MLA,シカゴスタイルその他自由)をご指定いただけ、論文全体のフォーマットの調整まで行います。