米国大学院に出願する前にチェックしておくべき必須事項

海外大学院留学

こんにちは英語出願エッセイ校正専門のワードバイスです。本日はアメリカの大学院進学を志望する皆さんのための情報です。将来海外大学院への進学を目指す学生・社会人の皆様が初期段階におさえておくべき事項を整理してみました。

 

1. 志望する学科について良く調べ、理解すること

大学院に進学するということは、決して少なくはない時間とお金を学びに投資することとなる大きな決定です。したがって、自分が将来的に関わるであろう学界の人々についてあらかじめ知っておくこと、またその学科で関心分野とどれだけ相関性のある研究ができるかということを知っておくことは大切です。できれば志望する学校の教職員や大学院生に直接会ってみることをおすすめします。一般的にアメリカの大学ではHosting Programを主催しており、それがない場合でも志望学科にCampus Tourをお願いすれば大概の場合は案内してくれます。大学によっては見学のための旅費まで負担しているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

2. 学費と生活費の調達方法を考えておくこと

志望する大学・学科にて利用できる奨学金制度にはどんなものがあるのか、teachingやresearch assistantとして学費をまかなうことはできるのか、また他にオプションはあるのか、そしてこれらの制度を利用するには何が必要なのかを調べ、分からない場合は問い合わせてみなくてはなりません。米国の大学は学生が積極的に行動しない以上情報を与えてくれないため、学生本人が主体的に行動することが求められます。

3. 大学院生として大学からどんなサポートを受けられるか知っておくこと

奨学金についての情報と同様に、オリエンテーション活動があるか、TAやRAのためのワークショップはあるか、minorityのための特別なサポートはあるか、研究発表やネットワーキングのためのカンファランス参加サポートは可能かなど、該当の学科にて学生のために行っているサポートにはどのようなものがあるのか調べましょう。

4. 授業について知っておくこと

もちろん大学院生の主な目的は個人の研究にありますが、関心分野に関連して授業はどのようなものが提供されているのか知っておくことも必要です。

5. 担当教授は慎重に選ぶこと

どの教授の下で学ぶかということによって、本人のキャリアが決定されると言っても過言ではありません。担当教授を決める前に確認すべき事項を以下に整理してみました。

 

  • i. 学生がどんな進路を選ぼうと応援してくれるか
  • ii. 学生のために時間を投資してくれるか
  • iii. 学生に高いレベルを要求しているか
  • iv. 学生が漠然と時間を無駄にしないよう、適切に導いてくれるか
  • v. 学生が独立して考え、作業できる環境を重視してくれるか
  • vi. カンファランスに参加して論文を発表できるような環境を提供してくれるか

 

graduation photo

6. GREが全てではない

もちろんGRE点数は重要ですが、ある一定点数での足切りとしての役目を担うものであり、米国大学院の入学者選抜の際にそれ以上の意味は持ちません。むしろ合否を左右するのは英文自己紹介書、推薦書、過去の研究経歴、自分に合った指導教授を選択する能力です。GRE点数が低いからと言ってすぐに諦めず、自分が得意な分野に集中して出願すればきっと良い結果が返ってきます。

以上の情報から分かるように、事前リサーチに時間を投資することは、本当に自分に合った大学を見極めるために重要なプロセスです。GRE点数が低いからといって希望する大学院に志願できないわけではありません。Personal StatementやSOPに重点を置き充実した内容に仕上げることで、GRE点数をカバーすることは十分に可能です。ワードバイスでは、例として2014年には800名以上の皆様の2900件以上の出願エッセイ/SOP(学業計画書)英文添削サービスを提供致しました。また、ワードバイスが英語校正をお手伝いさせていただいた皆様の多くが、Stanford、Columbia、INSEAD、UC Berkeleyなどの世界的名門大学院に合格されました。

以上のように、ワードバイスでは世界各国の進学希望者から依頼される出願エッセイの膨大な添削経験から培われたノウハウから、お客様の望むエッセイが出来上がるまでネイティブエディターがしっかりサポート致します。
ワードバイスのエッセイ添削は、エージェントを介さぬ個人留学をお考えの皆様・またエージェントにてオプションで行われるエッセイ指導の品質に疑問を持たれるお客様にとって最適なサービスです。
限られた分量内で自分の個性を最大限に表現しなくてはならない出願エッセイの場合、一文一文の重要性が高い分、校正者にも正確な指導力と豊かな言語感覚が問われます。ネイティブの友人に依頼したり、無料校正・自動チェック等を利用したりするのも一つの方法ですが、最終的には必ず熟練したプロの指導を受けられることをお勧め致します。

自動お見積り
英語エッセイ作成リソース