英作文・英語論文でのコロン(:)・セミコロン(;)の使用法

文法と語彙

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

本日は英語エッセイや英語論文を作成するときに間違いやすいコロンとセミコロンの使用法に関する記事をお送りします。効果的な英語論文・英語エッセイを作成するためには、ColonとSemi Colonの使用法をきちんと区別し、二つの用法を混同したり、自分の勝手なルールで使用したりしないように注意することが必要です。

セミコロン ( ; )の使い方

セミコロンは基本的にコンマ(,)よりも強く、しかしピリオド(.)よりは弱い効果で文章を分離する役割をします。

用法1. 表現しようとする単語や句節が既にcommas (コンマ)を使っている場合、この単語や句節のまとまりを分けるために使用

【例】

I bought shiny, ripe apples; small, sweet, juicy grapes; and firm pears.
Mary’s favorite dinner foods are chicken, with Cayenne pepper; salad, with Italian dressing; toast, with garlic and butter; and soup, with scallions, cheese, and mushrooms.

用法2. 二つの文章を一つに繋げる時に使用

独立した節はそのままの状態で文になることができますが、セミコロンはこのような独立した二つの節を一つの文章として繋げる際に使用できます。二つの文章の間にセミコロンを使用することで、二つの文章の関連性を示すことができます。

【例】

I went to the grocery store today. I bought a ton of fruit. Apples, grapes, and pears were on sale.

 I went to the grocery store today; I bought a ton of fruit. Apples, grapes, and pears were all on sale.
 I went to the grocery store today. I bought a ton of fruit; apples, grapes, and pears were all on sale.
× I went to the grocery store today; I bought a ton of fruit; apples, grapes, and pears were all on sale.

ここでセミコロンを使用する理由は、一行目の文章のスタイルに理由があります。一行目の文章のように、3つの短い文章を並べてしまうと文章全体が読みにくくなってしまいます。さらに重要な理由は、セミコロンを使用することで2つの文章の関係をより強調することができるからです。例えば、“I bought a ton of fruit” と “Apples, grapes, and pears were all on sale” セミコロンを利用して繋ぐと、読者は「ビッグセールをしていたから、私はたくさんの果物を買った」のだと想像することができます。

用法3. 文中に‘however’ や ‘for example’がある場合に使用

【例】

Mary ate dinner; however, she was hungry an hour later.
Mary’s dinner was made with several spices; for example, the chicken was sprinkled with Cayenne pepper.

コロン ( : )の使い方

コロンは、一つの文章として独立させられる節の後ろに使う句読点であり、説明を加えるとき・どこか一部に関心を集中させるとき・アイデアを羅列するときに使用されます。

用法1. 何らかのリストや名詞・名詞句・引用句・例示を述べるときに使用

【例】

  • 項目を羅列するとき
    We covered many of the fundamentals in our writing class: grammar, punctuation, style, and voice.
  • 名詞や名詞句を使うとき
    My roommate gave me the things I needed most: companionship and quiet.
  • 引用句であることを表すとき
    Shakespeare said it best: “To thine own self be true.”
  • 例示や説明をするとき
    Many graduate students discover that there is a dark side to academia: late nights, high stress, and a crippling addiction to caffeinated beverages.
  • 追加説明を羅列するとき
    Mary’s dinner consisted of the following: salad, soup, chicken, and toast.
  • 引用句と共に追加説明をするとき
    The words Ivan spoke were very kind: “Mary, I made this dinner especially for you, dear.”

用法2. 文章を一つにするとき使用

二つ目の文章が一つ目の文章を要約・説明している場合には、コロンの使用が適しています。ただし、使用しすぎると文章の流れを妨げてしまうことがあるので注意しましょう。

【例】

Life is like a puzzle: half the fun is in trying to work it out.

用法3. 時間・タイトルや単位内で使用

コロンは時間や比率などの単位を表したり、聖書の節とページを分けたりするときに慣例的に使用されます。

【例】

Hours and Minutes: Mary ate dinner at 9:12.
Ratio: Mary’s ratio of carbohydrate intake to protein was 3:1.
Bible verses and chapters (Matthew 2:24).

参考文献表記にて使用されます。

【例】

Kurlansky, M. (2002). Salt: A world history. New York, NY: Walker and Co.

タイトルとサブタイトルを分けるときコロンが使用されます。

【例】

Everest: The Last Frontier

公式的なビジネスレターで、コロンは宛名のすぐ後ろに使用されます。(手紙など非公式的な場合にはコンマを使用。)

【例】

Dear Editor:

コロン(:)の後ろに来る単語の頭文字は大文字・小文字?

colonを使う前の単語の大文字小文字の区別はありませんが、二つ目の文章が続くときは小文字で書かなくてはなりません。

当社の英文校正サービスをご利用いただく英語論文や留学用エッセイ、SOP、Personal Statement などの文書でも、コロン・セミコロンを含む記号や句読点の使用法についてネイティブから指摘を受けているものが多く見られます。同じ記号でも、日本で使用されている意味とは異なる用法を持つ場合あるため、注意しましょう。

関連記事

 ワードバイスの英文校正サービス

英文校正ワードバイスでは英作文のトレーニングから英語論文まで、様々なライティングに対する英語添削サービスを提供しています。料金や納期は下のリンクからすぐに自動計算されます。