英語論文で使えるフレーズ・例文集(Cheat Sheet)

論文の構成

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

本日は、英語での研究論文を執筆される研究者・学生の皆さま必見の資料をご用意しました。

英語論文で使えるフレーズ・例文をまとめたCheat Sheet、早見表です!

cheatsheet-paper

論文フレーズ早見表のサンプル ※PDFファイルは記事右上のリンクからダウンロードできます。

こちらのCheat Sheetは、数えきれないほどの投稿論文校閲・査読に携わってきた学術英語のプロである当社シニアエディターの監修のもと作成した、決定版とも言える論文英語表現集です。

※PDFファイルは記事右上のリンクからダウンロードできます。

英語論文の執筆にまだ慣れない学生の皆様の初歩ガイドとしても便利で、ここにある表現を使用して展開させていくだけで、論文の基本的な骨格が完成させられるように構成してあります。また、こちらのチートシートの例文を読みこむことで、科学論文にとって最も重要な「簡潔かつ意味の通りやすい英文」を書くためのヒントを見つけることができ、今後のライティングにどんどん応用することができます。

英語論文を効率的に執筆するためにも、ぜひ手元に置いてご活用ください。

(※資料の再配布や商用目的のご利用は禁止させていただきます。)

研究者と英語

日本人に限らず、当社をご利用いただいているノンネイティブの研究者の皆さまから非常に多く寄せられるお声が、「英語に対して苦手意識があるため、論文執筆が億劫になってしまう」「学術的な文章に適した英語表現がつかめない」というものです。そのため翻訳サービスを並行して行っている地域では(※日本語から英語の翻訳は現在承っておりません。)、母語で書いた論文を毎度当社翻訳サービスを利用して英語に翻訳した上で発表されている研究者の皆様も多く見られます。

しかし、外国語の学習経験がある方や、翻訳サービスをご利用された経験がある方ならばご存知の通り、原文の意図を100%正確に汲み取り、それを反映して他言語に置き換える作業は困難を極めます。ある程度定型化された表現や用語が使用される学術論文の場合であってもそれは同様で、母語で書かれた論文を翻訳者が英語に翻訳するよりも、本人が自分の手で、自分の英語で執筆した上でプロの英文校正を施した文書の方が、完成度は遥かに高くなります。そのため、当社をご利用いただくお客さまを始め、ノンネイティブの研究者の皆さまの英語論文執筆の負担を少しでも軽減し、非英語圏で行われる素晴らしい研究を一つでも多く世界に届けることをモットーに、ワードバイスでは積極的な学術リソースの開発・提供を行っています。

今回のチートシートもその一環として開発させていただいたものです。どうぞ有効にご活用いただければ幸いです。

英語論文で使えるフレーズ関連リンク

ワードバイスの英語論文校正

英文校正ワードバイスでは、ジャーナル投稿用の英語論文やカバーレターなど、様々なアカデミックライティングに対する高品質な英文校正サービスを提供しています。投稿論文の場合、最高評価のエディターが査読後の修正まで対応する、プレミアムサービスがお得です。料金や納期は下のリンクからその場でご確認いただけます。