専門ネイティブの英語論文校閲ならワードバイス

学術情報

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

本日は、英語論文のジャーナル投稿を成功させるために、英語の完成度がどのような面で重要なのか、そして英語の完成度を高めるために英文校正サービスがどのような面で役立つのかについて解説した記事をお送りいたします。

英語論文の校正はなぜ重要なのか?

英語は科学論文で使用される普遍的な言語です。ジャーナルのインパクトファクターを発表しているトムソンロイター社(現在はClarivate Analytics)も英語ジャーナルを集中的に分析しており、高いインパクトファクターを誇るいわゆるトップジャーナル(例: Cell、Nature、Science…)も英語で論文を掲載しています。

このような海外のトップジャーナルに論文を発表し、研究者として活躍していくためには、高い英語能力が必要ということができます。そして、英語を母語としない研究者の論文発表にとって不可欠なプロセスが、プロによる英文校閲です。多くのジャーナルで、英語を母語をしない著者に対して事前の英文校正サービスの利用を強く勧めており、ジャーナルによっては投稿する論文が英文校正済みであることの証明書(英文校正証明書)の提出を求める場合もあります。

英語のライティング能力は努力次第で伸ばすことができますが、科学的事実や発見を記録し、広く伝えるというところにその存在意義を持つ論文の文章には、英語の正しさと同様に、誰にとっても読みやすく簡潔な文体、またフォーマットの遵守など、「伝わりやすさ」を重視した英語が求められます。どれだけ英語が上達しても、論文自体の伝わりやすさは、論文の背景知識をしっかりと持った第三者によるレビューを通して改善するしかありません。加えて、英語という言語を使用する以上、英語のネイティブからのレビューを受けるに越したことはないでしょう。これらのことを考え合わせると、学術論文のプロの英文校正者には以下のような条件が求められます。

学術論文専門の英文校正者に求められる条件

  1. 論文と同一の分野での専門知識や研究経験を有していること
  2. アカデミックライティングに豊かな経験を有する英語ネイティブであること
  3. 英語論文の執筆・投稿のノウハウを経験的に熟知していて、スタイルやフォーマットに対する意識も高いこと
  4. 自分自身が正しく伝わりやすい英語が書けるだけでなく、第三者の文書に対するエディティング能力に優れていること

ワードバイスでは、以上の条件を満たす英文校正者だけを採用するために、学歴・経験・校正能力を多方面から測る独自の校正者・翻訳者テストを実施し、厳しい目でエディターを選抜しています。そして、採用してからも一つ一つの注文の校正内容について品質管理担当者とお客さまからのレビューを合わせて厳密に点数化し、一定の点数以下のエディターには注文の配当を行わず、評価が上位の校正者から優先的に注文を配当する自動化システムを使用することによって、常に満足度の高いサービスが提供できるよう努力しています。

ワードバイスの英語論文校正サービスとは?

ワードバイスの「英語論文校正サービス」には、言語面でのネイティブチェックはもちろん、参考文献や図表(編集可能な形式の場合のみ)キャプションの校閲と全体の論文フォーマットの調整も含まれています。

  • 語彙選択、スぺル、文法、文体、文章構造の改善
  • 英語で理解しにくく意味が不明確な文章に対する改善案を提示
  • ジャーナル指定の書式(MLA, APA, Harvard, その他自由指定)へと無料でフォーマット調整
  • イギリス・アメリカ英文法それぞれに合った語彙・スペルに校正
  • 標準英文法に基づいて句読点や字体(太字・斜字など)の一貫性をチェック
  • 参考文献の記述方法をチェック
  • ご希望に合わせて単語数を削減(最大10%)
  • 担当校正者とのダイレクトメッセージシステム

また、一度校正したらそれで終わりではなく、原稿だけでは意図が読み取れなかった部分にはエディターから確認のコメントを付けさせていただき、それに対してダイレクトメッセージシステムを通して回答していただくことができます。同様に、校正内容についての疑問点や確認事項について、校正後いつでも担当したエディターに直接連絡することができ、エディターは24時間以内に詳細に回答させていただきます。

選び抜かれた学術論文専門エディター

英文校正ワードバイスの英語論文校正サービスを担当する校正者は、平均8年以上の論文校正経験のある英語ネイティブで、更に人文学・経済学・芸術学・医学・物理学・工学など様々な分野の修士・博士学位を有するプロフェッショナルです。

各学問分野における最先端の知識が織り込まれた英語論文を読みこなして適切なアドバイスを施すためには、高い英語能力はもちろんのこと、論文著者と同等の経験や教養が求められます。

英文校正ワードバイスではそのように高度なエディティング能力を有する校正者を採用するために、

  • 英語ネイティブであること(必須条件)
  • 各分野修士・博士学位を有していること(全体の90%以上)
  • 2年以上の専門校正経歴を有していること(必須条件)

を基本として、更に独自の校正テストと評価システムを加えることで、最高レベルの実力を有する英文校正者をそろえています。厳しい条件をクリアし採用された分野別英文校正者プールは500人以上。そこに更に点数化された校正者評価システムを適用し、常に優秀な評価を得ているエディターのみが英文校正を担当します。

ワードバイスの英語論文校正実績

英文校正ワードバイスでは創業以来3万件以上の英語論文校正サービスを提供し、そのうち多くの論文がNature, ACM, IEEE, Scienceなど海外有数のジャーナルに掲載されています。また、より良い品質を求めて様々な英文校正会社を試す研究者や学生の方が多い中、新しい論文発表のたびに当社に英語論文校正をお任せいただくリピーター率が非常に高いのもワードバイスだけの特徴です。マイページのお気に入り・除外システムで求めるスタイルに合った校正者を指名できること、ダイレクトメッセージシステムを通して担当校正者に直接質問できることなどがリピーターの皆さまから高い評価を得ています。

editing

 

Wordviceの英語校正サンプル

実際にどのように英文校正が行われるのか見てみましょう。

英語校正前

 

英文校正完了後

 

英文校正後の文章を見てみると、非ネイティブが気づきにくい冠詞使用、語彙使用、表記方法のミスについてしっかりとネイティブチェックが入っているばかりでなく、論文内容を考慮した上での文章構成への指摘やより伝わりやすい表現への書き換えなど、内容にまで踏み込んだプロのアドバイスが施されていることが分かります。

ワードバイスの英語論文校正は、このように単に英語の正しさを機械的にチェックするだけではなく、論文の論理構成に踏み込んで「伝わりやすさ」を改善するための論文校閲サービスです。

Wordviceの英文校正サービス

ワードバイスの英文校正サービスの詳しいご利用プロセスや注文方法については、ぜひ下の記事もご覧ください。

手軽でリーズナブルにプロの英文校正

英文校正ワードバイスは、従来の手作業でのお見積り・受注システムに改善を加えることで、24時間オンラインでお見積り、注文、完成文書のお受け取りまでが完結するシンプルな英文校正システムを実現しました。サイト右上の「自動お見積り・文書提出」に単語数を入力すると、瞬時に納期別の料金を一覧にてご確認いただけます。オンラインでの注文が完了したら、別途お見積りの連絡までお待たせすることなく、すぐに英文校正が開始。消費税や手数料、追加料金は一切かからず、自動お見積りでご確認いただいたままの料金で英文校正サービスをご利用いただけます。