APA形式論文での参考文献の記載方法

スタイルとフォーマット

こんにちは!英文校正ワードバイスです。本日は英語論文のフォーマットとして一般的なAPAスタイルについて解説します。

参考文献の記載方法としてAPAスタイルが指定される場合は多いですが、まだちんぷんかんぷんだという論文初心者の皆様も本日の記事を熟読し、整ったフォーマットを身に着けて質の高い英語論文を完成させましょう。

※日本語論文の場合も参考文献の記載方法についてAPAが指定される場合もありますが、APAの公式スタイルガイドでは日本語論文に関する規定を行っていないため、ここでは英語論文を前提に紹介しています。日本語論文でAPAが指定されている場合は所属機関や指導者からのガイドに必ず従ってください。

なお、本日の内容は下の記事により詳しく掲載していますので合わせてご参照ください。

本文のフォーマット

章と節

  1. 新しい章のタイトルは新しいページから始める。
  2. 新しい章のタイトルは二行空けて書く。
  3. ページの最後の行から新しい段落が始まる場合、次のページから始める。

本文中引用

基本原則 : すべての引用事項は単語や文体、句読点に至るまで引用する原文と正確に一致させる

省略 : 一つの文章の中での省略は、三点リーダー(例: …)を使用する。三点リーダーの前に半角スペースを入れるのを忘れない。文章を丸ごと引用するときはピリオド(または。)で終えること。一文の完全な引用のすぐ次を省略する場合、ピリオドに続けて三点リーダーを打つ(例: .…)。省略範囲が多い場合、詩なら線、散文の段落丸ごとの省略は点線一行で表す。それ以外の場合はすべて、三点リーダーを使用する。

直接引用

1.引用する内容が短い場合 (英文40単語以下)

引用符号(” “)を使って文章をそのまま抜き出し、引用文のすぐ後ろに引用元を記載する。引用元は括弧()の中に著者と出版年度、資料ページ数を記載。

“Deciding which editing company to use for your academic and professional documents is difficult. ” (Brown, 2017, p. 34)

According to Brown (2017),  “Deciding which editing company to use for your academic and professional documents is difficult. ” (p. 34)

2.引用する内容が長い場合(40単語以上)

本文から抜き出して記述する。その場合引用部分の上下を本文から一行ずつ空け、左から1/2インチインデントする。

Brown’s (2017) study found the following:

Fortunately, a couple of editing companies out there do strive for superior results for their clients and therefore hire only the most competent editors. Wordvice is one such company, handling all manner of documents, from academic and research papers, to admissions essays, to business letters and resumes, and everything in between. (p. 56)

間接引用(paraphrasing)

原文の内容と意図を変えてしまわないように注意し、間接引用の場合も引用元を正確に記載すること。

1.引用する資料の著者に言及しながら引用する場合、著者名の後に資料の発表年度を表記する。

Miller (1990) argues that the editing process is a kind of complex juggling act.

2.引用する著書や著者名を本文中で述べる場合は、該当部分の末尾に括弧をして著者名と発行年度を表示する。一つの事項に対して複数の文献を引用する場合は文献名の間を( ; )で分ける。

Like many professional editing companies, Wordvice uses MS Word’s “Track Changes,” a tool that allows clients to view any changes that the editor has made to their document (Miller, 1996, p. 123).

3.著者が複数いる場合、3人まではすべて表示するが、4人以上は最初の著者+’et al.’と記載する。(複数著者に関しては、[論文執筆ガイド]著者名の表記法と“et al.”使用法 (APA,MLA,シカゴスタイル)を参照)

Research by Brown and Miller (2001) supports…

Darwin et al. (1995) suggests…

Composing academic documents can be a frustrating and time-consuming undertaking. (White et al., 2012)

句読点

基本原則 : 句読点は文の意味を明確にするために使用する。

  1. ハイフン(-) : ハイフン(ダッシュ)の前後にスペースは入れない
  2. エクスクラメーションマーク(!) : 学術論文で使用するのは避ける。
  3. コロン(:) , セミコロン(;): 英作文・英語論文でのコロン(:)・セミコロン(;)の使用法を参照

数字

統計上・技術上の数字はアラビア数字を使用する。年代などそれ以外にもアラビア数字の使用を原則とするが、本の「卷」「章」「幕」そして詩の「篇」などはローマ数字を使用する。

詳しくはこちらの記事を参照: 英語論文での数字表記方法(APA・MLAスタイル)

脚注(footnote)と後注(endnote)

  1. APAスタイルで資料の引用元は参考文献リストのみに掲載する。脚注は使用しない。
  2. 後注は本文に表記しにくい補足や説明にのみ使用し、資料の出所や参考文献を記載するために後注は使用しない。
  3. 後注を付けたい文章や用語の末尾右上に番号を振り、論文末尾の参考文献前にひとまとめに挿入する。

参考文献

  • 英語名は姓(surname)を先に表記し、名前はイニシャルのみ表記
  • 基本的に、著者. (出版年度). タイトル. 出版地域: 出版社 の順で表記する
  • 書籍のタイトルとジャーナル名はイタリック(Italic)体とする。イタリック体の使用が不可能な場合は下線にて代替する。

Smith, M. T. (2017). Epigenetic mechanisms: An overview. Lima, Peru: PublishCo.

Miller, J. M. (2017). Trauma caretaking and compassion fatigue. Trauma Prevention14 (2), 243-45. doi: 10.0000.000000

  • 基本的に各項目の最初の文字のみ大文字、あとは小文字表記とするが、定期刊行物の名前は各単語の最初の文字を大文字とする。
  • 出版地域を表記する際は、良く知られた都市は都市名のみ、特定しにくい都市の場合は都市名と州(または国家)名を併記する。

(1) 著者が一人の場合

Atkinson. J. W. (1964). An introduction to motivation. Princeton. NJ: Van Nostrand.

(2) 著者が2人以上の場合、最後の著者の前に&(ampersand)記号を入れる。

Coltheart, M., Curtis, B., &Lyon, S. (1996). Obesity (2nd ed.). New York: McGraw-Hill Companies, Inc.

(3) 編集した書籍の場合

Schubert, W. H., &Ayers, W. C. (Eds.). (1992). Minimal brain dysfunction in children. New York: Longman.

(4) 再版以上の場合

Levine, D. U., &Havighurst, R. J. (1995). Society and education (8th ed.). Boston: Allyn and Bacon.

(5) 翻訳書の場合

Austen, J. (1997). Pride and Prejudice 自負と偏見. (Y. NAKANO 中野好夫, Trans.). Tokyo: Shinchosha 新潮社

Sartre, J. P. (1958). Being and nothingness. (H. E. Barnes, Trans.). New York: Philosophical Library. (Original work published 1943)

(6) 著者または編集者がいない場合

American Psychological Association (1994). Publication manual of the American Psychological Association (4th ed.). Washington, DC: Author.

APAスタイルでの参考文献表記方法はこちらの記事をご覧ください!

[論文執筆ガイド]著者名の表記法と“et al.”使用法 (APA,MLA,シカゴスタイル)

 


*引用元ブログ著者 ‘クリス’さんからの補足

APA StyleとはAmerican Psychological Associationの論文作成要領です。論文のreference部分を見てみると、参考文献の発行年度を一番最後に表記していたり、また、著者名のすぐ後に表記していたり、論文によって異なることはご存知かと思います。これは、それぞれ異なるフォーマットを採用しているために起こることです。

ジャーナルや学会が独自のフォーマットを定めている場合もあります。論文作成ガイド自体を冊子にして作成した学会まであるほどです。APAも元々は一学会のスタイルガイドでしたが、これが非常に体系的であるため、他の学会や教育の場でもAPAStyleを採用するようになり、現在のような知名度を誇るまでになったのです。

論文フォーマットにはAPA以外にもMLAStyle, The Chicago Manual of Style, Harvard Styleなどがあります。APA Style, MLA Style, Chicago Style, Harvard Styleなどで検索すれば国内外様々なサイトがヒットすると思いますが、特に英語圏の有名大学が学生向けに提供しているガイドが非常に役立ちます。

インターネットのガイドだけでは不十分だという場合、APA本元が発行しているPublication Manual of the American Psychological Associationという原書を読んでみるのが一番です。論文を書く際に役立ちます。APAを主に使用する分野の博士学生ならば、必ず読んでおくべき本だと思います。


引用元: http://cafe.daum.net/good-paper

参考資料

ワードバイスの英語論文校正サービス

英文校正ワードバイスでは平均8年の校正経歴を誇るネイティブ校正者が、最短9時間から論文校正いたします。