論文の著者順を決めるルールとその重要性

学術ジャーナル投稿,英語論文執筆

How to Order Author Names and Why That Matters

 

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

研究論文は、1,2人で書くことは稀です。実際に統計を見てみると、研究論文は平均5人の著者がいる ことが分かっています。最近では共同研究プロジェクトが増えていますが、これは論文の共著者同士での利害関係が発生しやすいことにもなります。とりわけ問題になるのが、論文著者名の表記順です。

基本的に論文での著者順はそれぞれの研究者の相対的な貢献度に応じて決まるのが原則ですが、本当に全員が同程度研究に貢献していたとしたらどうすればいいのでしょうか。また、学際的な共同研究の場合は各分野からの貢献度をすべて同じ基準で判断できるでしょうか。

今回の記事では、著者名表記にどのような基準を適用できるのか、また、なぜ記載順が問題になるのか解説していきます。

著者順が重要な意味を持つ理由

そもそも著者として認められるのは、研究プロジェクト・論文執筆において一定以上の貢献をした人物だけです。本来著者として名を連ねる以上はすべての人物が研究に対し同程度の寄与をしており、そしてまたすべての著者が同等の扱いを受けるのが原則です。しかし、学術界の事務的な融通上、いわゆる第一著者のように一人の著者が代表としての役割を担うようになるのは避けられない状況があります。

著者指定に関しては、以下のようなイシューがあります。

  • “第一著者(first author)”は読者にとって最初に目に付く著者として、誰もが憧れるポジションです。また、これは単純に印象の問題だけではなく、他の研究で引用を受ける際に、引用スタイルによっては第一著者の名前だけが表記される可能性もある分、第一著者になれるかどうかは時に重要な問題となります。第二著者以降になってしまうと“et al.”で省略されてしまうこともあるからです。この引用形式こそ、読者に第一著者偏重的な印象を与える原因とも言えます。
  • 伝統的に、最終著者(last author)は指導教授や研究責任者を示します。ラストオーサーはまた、責任著者(corresponding author)、つまりエディターとの連絡時に代表となる著者を示すこともあります。
  • 著者順に関する明確な規定がないことを考えあわせると、読者は論文を読んだだけでは著者がそれぞれどれほどの貢献したのか窺い知ることができません。これを明確にするために、特に医療系のジャーナルではそれぞれの著者の個別の貢献度について詳細な説明を要求するものもあります。しかしそれでも第一著者の影響力には敵わない現状があります。

著者順を決める際の一般的なルール

著者順を決めるために、分野によりいくつかのルールがあります。

  1. 相対的貢献度。上で説明しているように、著者順を決める際の最も一般的な方式と言えます。研究・論文執筆に最も多く貢献した著者が第一著者となります。あとは貢献度の高い順に順位が決まります。ただし、生命科学分野など特定の分野では最終著者(last author)が研究責任者となり、その研究を指導した人物が表記されます。
  2. アルファベット順。大規模な共同研究がよく行われる分野では、1とは異なる方法を採用しています。例えば、素粒子物理学などではアルファベット順の表記を採用しています。
  3. 複数の第一著者。記号を使用して複数の第一著者を指定する方法です。学際的な研究でよく用いられますが、それでもやはり一番目に表記された著者が最も多くの注目を浴びる事実は変わりません。
  4. 複数の最終著者。3の方法と同様に、最終著者(last author)が複数の場合も、記号や脚注を使用して示すことができます。一部のジャーナルでは研究所の主席研究員が研究室で行われたすべてのデータとその解析を監督するよう規定しており、そのことによってこのような表記原則が生まれました。
  5. 共同研究者同士で妥結。第一著者と最終著者に関する規定はあっても、中間著者については有効な規定がないのが現状です。どの場合も共著者同士で十分に話し合い、納得を得た上で決定することが重要です。

著者順を安易に決めてしまうと、後に大きな問題となり得ます。後々利害関係で衝突してしまわないためにも、投稿前に著者順に関わる問題をきちんと考慮しておくことが重要です。投稿直前に焦って決めるのではなく、十分な時間的余裕を持って著者順に関する合意を図りましょう。また、著者名表記に関するガイドラインは変更される場合もあり、随時確認しておくことも忘れてはいけません。

以下の情報もぜひご参考ください。:

 

英文校正ワードバイスでは、学術リソースを英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・トルコ語でもお送りしています。ぜひ英語の原文もご参考ください。

英文校正ワードバイスでは平均8年の校正経歴を誇るネイティブ校正者が、最短9時間から論文校正いたします。