2017-2018 Common Appエッセイテーマ#7作成のためのTips

海外大学留学

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

コモンアプリケーションエッセイの対策記事も今回が最後となりました。

コモンアプリケーションでは受験生の様々な魅力を表現できるようにそれぞれ異なる要素を主題とした7つの出題を行っていますが、それでも自分は他のテーマでエッセイを提出したいという受験生はいるかもしれません。そのような受験生のために復活する形で追加されたのが、7番の自由テーマです。しかし、具体的にエッセイを構想してみると、自由テーマほど難しいものはないということに気づくでしょう。

1-6のテーマに共通しているのは、「受験生の内面の成長」であるということは今までも何度か言及してきました。これは自由テーマである出題7でも同様です。どのような切り口から作成するかに違いはあっても、読み手があなた自身の人物像を頭の中に描けるようなエッセイになっていることが、アドミッションエッセイの最低条件です。

自由テーマで陥りやすい落とし穴として、既に他の目的のために作成済みのエッセイをそのまま使いまわしたことで、アドミッションエッセイ本来の目的とはかけ離れた内容のまま提出してしまうことが挙げられます。入試英文エッセイは、学問的な能力を審査する目的で課されているものではありません。したがって、学校の課題として作成した小論文などはその性格が異なります。かといって、あまりにも形式を無視した斬新な内容(作品)をエッセイ課題として提出するのも間違いです。そのような作品はsupplemental information sectionに記入します。

 

Common App BrainstormPrompt 7

 

 

→  Prompt 1-6の解説については以下をご覧ください。

 

英文校正ワードバイスでは、海外大学・大学院出願用のエッセイや英文レジュメを選び抜かれた専門校正者が添削いたします。