LaTexファイルをWord形式に変換するには?

その他

こんにちは!英文校正ワードバイスです。前回はLaTexファイルの特徴とオンラインサービスのご紹介、そして当社の英文校正サービスは校閲記録の都合上、Word形式のみのお取り扱いという旨も説明いたしました。

今回の記事は、では、どうやったらLaTexをWord文書に変換できるのか?無料の方法はあるのか?についてお届けいたします。

熟練のLaTexユーザーの場合、ジャーナル投稿や文書の共有、校正などのために今まで少なくとも一度はLaTex-Wordの変換を経験しているのではないでしょうか。また、ファイル形式を変換するのに良い方法を未だ模索中だというユーザーもいらっしゃるでしょう。学術ジャーナル全体で見たときに、圧倒的多数のジャーナルがMS Word形式の論文を要求している事実もあり、LaTexユーザーにとってWordへの変換ツール確保は避けて通れません。

LaTexユーザーにとってMS Word形式への変換にあたって最も懸念されるのは、せっかく作り上げた美しいレイアウトが崩れてしまうことではないでしょうか。本日の記事では、広く使用されているLaTex→Wordの変換ソフトのご紹介と、無料で変換したいユーザーのための方法をご紹介いたしますのでご参考ください。

 

1. Grindeq

Grindeqは最も一般的なLaTexの変換ツールと言われています。安全性・互換性共に優れていて、LaTexユーザーにとって分かりやすいUIを備えているためダウンロード後の操作に戸惑うことも少ないソフトです。LaTexやオンラインのLaTexコミュニティ、Q and Aフォーラムなどでも「ワードへの変換はGrindeqを使用」と公式的に言及されることが多いツールでもあります。

GrindeqはMS Wordのプラグインとして簡単に使用することができます。

  1. Grindeq.comにてソフト購入・ダウンロード。
  2. MS Wordから、変換したいLaTexファイル(*.tex)を開く。
    必要な場合は相互参照の設定を変更。(MS Word 上段メニューの GrindEQ Mathタブから)
  3. 「名前を付けて保存」をクリックし、“Word Document”形式を選択して保存。

詳しい使用方法・価格についてはGrindeq.comから。

 

2. LaTexをPDFで保存し、PDFからWord形式に変換

最近ではネット上でフリーのPDF-MS Word変換サービスが数多く提供されています。LaTexはPDF形式での保存に対応しているため、この方法を使用すると事実上無料でLaTexからワードへの変換が可能というわけです。しかし、フォーマットの崩れが気になる方にはおすすめできません。テキストに関してはほぼ完ぺきに反映されますが、数式・図・表などの場合エラーは避けられません。

PDFからMS Wordへの変換は様々な方法があります。MS Word 2013以上の場合、PDFを右クリックし、「プログラムから開く- Microsoft Wordで開く」を選択するだけで可能です。ただ、完璧な状態で変換されるわけではなく、図表などは書式が崩れる場合もあります。

2013以前のバージョンのWordを使用している場合や直接の変換に不具合が起こる場合は、上で説明したようにフリーのPDF変換サービスを検索し、利用してみるのも手です。

 

以上、LaTexからMS Word 形式への変換方法をご紹介いたしました。LaTexユーザーの皆さんも以上の方法をお試しいただくことで、問題なく当社の英文校閲サービスをご利用いただけます!

 

論文校正ワンタッチお見積り

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,