MLAスタイル英語論文作成ガイドライン

学術ジャーナル投稿,英語論文執筆

こんにちは!英文校正ワードバイスです。特定のジャーナルへの投稿を目標に論文を執筆する際には、そのジャーナルが規定するフォーマットに合わせて論文を書き始めることは基本です。指定するフォーマットはジャーナル毎に異なりますが、一般的にはMLA (Modern Language Association)もしくはAPA (American Psychological Association) スタイルが多く用いられます。本日は、そのうちMLAスタイルのガイドラインをご紹介したいと思います。

MLAスタイルの論文は人文学系で多くみられます。本記事はMLA Handbook for Writers of Research Papers (7th ed.) とthe MLA Style Manual and Guide to Scholarly Publishing(3rd ed.)に基づいて作成しています。

一般ガイドライン

• 8.5 × 11-inchの用紙で印刷できる規格で作成すること
• テキスト行間は2、可読性の高いフォントを使用すること(Times New Roman推奨)
• 文字サイズは12ptであること
• 句読点の後ろには1スペース入れること
• ページの余白は1inchとすること
• 段落の最初の文章は‘Tab’キーを使用してスペースを空けること
• すべてのページの右上段にページ数を記載したヘッダーを挿入すること。上から½ inchの間隔を空け、‘テキスト右揃え’で作成すること。(教授や講師が1ページ目にはヘッダーを設定しないよう指定した場合、それに従う。その他にも別途教授や講師のガイドラインがある場合は優先して従うこと。)
• ‘斜字’は強調が必要な場合にのみ使用すること
• Endnotes(注釈)がある場合Works Cited Pageとして一括で作成せず、各ページ毎に挿入すること。

student-849825_1280

論文1ページ目

• 具体的な指定がない場合、タイトルページ(表紙)は作成しない。
• 1ページ目の上段に本人名、教授名、講義名、日付を記載する。行間は常に2とすること。
• 行間を2に指定した後、タイトルは‘中央揃え’とする。下線、斜字、引用符号などはタイトルに使用しない。Title Caseに合わせてタイトルには大文字を使用する。(e.g. Snow White and the Seven Dwarfs, The Last of the Mohicans)
• 引用符号や斜字はタイトルで他の作品名を引用している場合のみ使用する。
• タイトルと本文との行間も2とする。
• すべてのページの右上段には本人の姓(Last name)とページ数を記載したヘッダーを挿入する。ページ数はアラビア数字(1,2,3,4)を使用し、上から ½ inch空けて‘テキスト右揃え’で作成する。

これ以外にも、MLAスタイルに則って論文を作成する際には引用記載方法やWorks Cited Page作成などスタイルに必要な規則があります。これはAPAスタイルにも同様に言えることです。英文校正ワードバイスではこのような複雑な論文フォーマットについての悩みを解決するため、校正依頼時にお客様の希望に応じてAPA, MLAスタイルだけでなくChicagoやHarvardの作文スタイルに合わせた全体フォーマットの調整を無料で行っております。

英文校正ワードバイスの国際学術誌投稿経験豊富な校正者の高品質校正で、多くの皆様が論文のジャーナル掲載に成功されております。英文校正ワードバイスは世界中で2万5千件以上のネイティブチェックを手がけた学術英語のプロとして、日本の研究者の皆様の国際的なご活躍をしっかりとバックアップいたします。

 

学術校正ワンタッチ料金計算

研究論文投稿リソース