学術界におけるSCIとは?論文校閲の重要性

英語論文執筆,論文投稿ガイド

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

本日はSCI(Science Citation Index)についての記事です。そもそもSCIとは何か、学術界でどのような位置づけとなっているのか、そして、SCI収録レベルのジャーナルに論文を投稿するために英文校閲サービスがどのように役立つのか解説していきます。

SCIとは?

SCIとはアメリカのISI(Institute for Scientific Information)社が作った科学技術分野の学術データベースのことを言います。現在はThomson Reutersによって運営されており、世界的に評価の高いトップジャーナルが収録されたデータベースとして有名です。SCIはインパクトファクターの高いジャーナルが収録されたデータベースであるため、世界的にアカデミアでの実績評価の基準として使用されている一面があります。

※特にワードバイス本社のある韓国では、SCI収録級のジャーナルに投稿することがアカデミックポストの採用評価において決定的な役割をしており、研究費の支給や投稿・校閲費用の助成対象もSCI収録誌への投稿に限っている例が少なくありません。

そのように高い名声を誇るSCIですが、収録対象のジャーナルを評価する際には以下のような基準があると言われています。

  • 定期的に発行されていること
  • ジャーナル名、論文タイトル、抄録、著者の住所表記などが学術誌の国際的な編集規定に則っていること
  • 少なくともタイトル、抄録、キーワード、参考文献は英語で執筆されていること(論文自体が必ずしも英語でなければならないわけではない)
  • 投稿論文の適合性、研究方法、独創性、引用などに対する審査が行われていること
  • 投稿論文の審査委員および著者の研究実績 : 発表論文数、投稿ジャーナル、被引用数など
  • ジャーナルが扱う分野が多くの研究者によって研究されている学問分野であること
  • 研究の科学性、独創性、重要性、該当学術分野に対する学問的な寄与などに対して専門家による批評がなされていること
  • 出版社の名声
  • 学術誌のインパクトファクター(Impact Factor : IF)(特定の期間にその学術誌に収録された論文が他の論文に引用された平均回数で計算)

ちなみに、SCIE(Science Citation Index Expanded)もありますが、一般的にSCIとSCIEの違いはただCD-ROMで発行されるかWeb Versionで発行されるかの違いです。SCIに掲載された場合SCIEにも当然含まれますが、ファイルの形態がCD-ROMに入れにくいものである場合はSCIEにのみ掲載されます。

concept-18290_1280

論文受理率を上げるためには校閲サービスが不可欠

先ほど述べたように確かに日本語論文もSCI・SCIEに掲載可能ですが、国際学術誌データベースであるだけに収録されているジャーナルとその論文のほとんどが英語で執筆されているという点です。

研究者にとって英文での論文執筆は基本ですが、英語ネイティブであっても専門の校正サービスを使用するほどに、自力でジャーナル掲載レベルのライティングを完成させるのは難しいことです。更に近年の研究によれば、リジェクトされてしまう論文の多くが言語面や構成面といった構造上の問題でリジェクトされていることが分かっており、高いアカデミックライティング能力は今日の研究者にとって不可欠なものとなっています。

そこで必要になるのが、論文の専門分野において豊富な知識と経験を備えたプロによる論文添削サービスと言うことができます。

英文校正ワードバイスでは、医学・薬学・工学などの理系分野から経済学・人文学・社会学など文系分野まで200以上の専門分野を網羅した修・博士号取得校正者(全体の90%以上)が、お客さまの大切な論文をスピーディー・高品質に英文校閲致します。基本的な英文チェックはもちろん、投稿予定のジャーナルに合わせたフォーマット調整も無料でサポートいたします。また、原文の意味を尊重しながら、よりテクニック面で意味が通りやすい英文となるよう改善案も提示させていただきます。

当社で英文校正を手掛けた数々の論文がSCI収録レベルのジャーナル投稿に成功しており、その品質には世界中からたくさんのうれしいお声をいただいております。また、新規のお客様の半数近くがご紹介を通じてご利用いただいているのも英文校正ワードバイスの特徴であり、注文全体の80%以上が3件以上のリピートをいただいているお客様からのご注文です。

英文校正ワードバイスの論文校閲サービス

英文校正ワードバイスは日本の研究者の皆様の大切な論文出版パートナーとなれますよう、24時間年中無休でお待ちいたしております。