スタンフォード大学出願エッセイの「Opening lines」10

出願用エッセイ

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

海外の大学に入学・進学したい際に必ず求められるのがエッセイですが、どのような文から始めればいいのか分からないせいで一向に先に進まない、という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。下書きの段階ではとにかく一度文章を完成させるのが重要であるだけに、「入り」の表現を知っておくと、その後の文章の呼び水となってスムーズな執筆が叶います。

そこで、本日はスタンフォード大学合格者の入試エッセイで実際に用いられた、書き出しの文(opening lines)をいくつか用意してみました。非常にウィットとユーモアに富んだ表現を使用しており、このまま使用したりアレンジするのは難しいかもしれませんが、読者の心を掴むためにはどのような工夫が必要なのか、雰囲気を感じてみましょう。

10 Opening Lines from Stanford Admission Essays

  1. I change my name each time I place an order at Starbucks.
  2. When I was in the eighth grade I couldn’t read.
  3. While traveling through the daily path of life, have you ever stumbled upon a hidden 4. pocket of the universe?
  4. I have old hands.
  5. I was paralyzed from the waist down. I would try to move my leg or even shift an ankle but I never got a response. This was the first time thoughts of death ever cross my mind.
  6. I almost didn’t live through September 11th, 2001.
  7. The spaghetti burbled and slushed around the pan, and as I stirred it, the noises it 9. gave off began to sound increasingly like bodily functions.
  8. I have been surfing Lake Michigan since I was 3 years old.
  9. I stand on the riverbank surveying this rippled range like some riparian cowboy -instead of chaps, I wear vinyl, thigh-high waders and a lasso of measuring tape and twine is slung over my arm.
  10. I had never seen anyone get so excited about mitochondria.

ワードバイスの海外留学用エッセイ専門添削・校正サービス

英文校正ワードバイスのエッセイ添削サービスは、海外へ進学を希望する皆さまの書類作成を総合的にサポートするサービスです。プレミアムエッセイ添削サービスなら、初回のご注文から14日間修正分の再校正を依頼することができ、ネイティブの厳しい目で最終チェックされたエッセイを提出することができます。また、プレミアムサービスでは、ネイティブチェックの他に内容へのアドバイスまで含んだレビューレターも提供。難関大学・大学院・MBAを目指すためにワンランク上の英文添削サービスをご利用いただけます。