Posts: 学術英語論文執筆

題目
17-Tips-for-figure
英語論文の図表タイトル(Figure Title)と凡例(Legend)の書き方
論文を読む際まず目に入ってくるのは図表ですが、その図表とタイトル・凡例だけを見て論文の結論をどの程度まで推測することができるでしょうか? 図表が論文内容の伝達をサポートする補足資料と考えてはいけません。効果的な論文にするためには、図表そのものが論文内容をある程度伝達できるように作成する必要があります More
tense-in-paper
英語論文のセクション別時制整理
次の図は、英語科学論文の各セクション別に適した動詞時制を整理したものです。Abstract(抄録)の時制について扱った以前の記事と合わせて論文で用いられる時制をしっかりと確認し、効果的に論文を書き進めましょう。           More
abstract-tense
英語論文のAbstract(抄録)で使用すべき時制は過去?現在?
こんにちは!英文校正ワードバイスです。英文校正を手掛ける中で多く見られる間違いに、英文Abstract(抄録)で使用すべき時制の問題があります。 論文の抄録では既に完了している研究の結果を説明することとなるため、基本的には過去時制が適していますが、状況によっては異なる時制の使用も可能です。また、最近 More
discussion
英語論文のDiscussion(考察)セクション執筆のコツ
今回の記事は前回までの論文執筆方法解説記事に引き続き、Discussion(考察)セクションの効果的な執筆方法についてご紹介します。 Discussionの目的 簡単に言えば、Discussionとは序論(Introduction)で述べた自分の研究テーマに関して説明するためのセクションです。これま More
Mistakes-Writing-the-Results-Section1
英語論文のResults(結果)セクション執筆のコツ
  今回はResults(結果)セクションの書き方についてのコツを学んでみましょう。まずは基本として、ResultsとDiscussionのセクションを分けるよう要求するジャーナルもあれば、ResultsとDiscussionを一つのセクションとして作成するよう規定しているジャーナルもある More
Methods2
英語論文での研究方法(Methods)の書き方
こんにちは英文校正ワードバイスです。研究者は新しい発見を共有し、様々なテーマに対する大衆の理解度を上げるために自分の研究を論文として発表します。以前の記事にて触れたように、ジャーナルの編集者が掲載論文を選ぶ際考慮する要素のうち一つが方法論(methodology)です。論文は研究結果だけでなく研究結 More
Authorship-2
学術論文の著者を指定する際に注意すべき3点
前回の記事では、International Committee of Medical Journal Editors (ICMJE)のガイドラインに沿って“オーサーシップ(authorship)”を定義し、なぜ論文のオーサーシップが重要な問題なのかについて説明しました。Committee on Pu More
authorhship
研究論文におけるオーサーシップ(Authorship)の重要性
今回は論文の執筆・発表における、より実際的な問題について扱ってみたいと思っています。 論文を執筆する際の重要な問題の一つにオーサーシップの所在があります。一見自明な問題のようですが、実は考えれば考えるほど複雑です。オーサーシップを主張することは、著者として指定された人間がその論文内の研究を遂行したこ More
old-letters-436501_960_720-300x200
英語論文の受理率を上げるカバーレターのコツ(2)
こんにちは!英文校正ワードバイスです。本日は前回に引き続き、ジャーナル投稿の際のカバーレター作成法についての記事をお送りいたします。ジャーナルカバーレターは自分の論文をアピールするための、論文PRとも呼べる役割を担います。そのため、カバーレターを通して査読者の興味をそそることが重要になります。 文章 More