Tags: 論文投稿

題目
ronbun-1
LaTexファイルをWord形式に変換するには?
こんにちは!英文校正ワードバイスです。前回はLaTexファイルの特徴とオンラインサービスのご紹介、そして当社の英文校正サービスは校閲記録の都合上、Word形式のみのお取り扱いという旨も説明いたしました。 今回の記事は、では、どうやったらLaTexをWord文書に変換できるのか?無料の方法はあるのか? More
etal
[論文執筆ガイド]著者名の表記法と“et al.”使用法 (APA,MLA,シカゴスタイル)
    研究者は自身の発見を共有し同分野にて認められることを目指し、日夜研究と論文執筆に励みます。そして論文で他の著者による研究結果を引用(citation)することで、その研究アイデアと結果を認めます。しかし、学会で用いられている基礎に則って正しく引用する方法は初心者にとって容 More
iSEEK
科学英語論文執筆時に使える海外学術検索サイト集
こんにちは!英文校正ワードバイスです。世界を舞台に活躍する研究者の皆様も、修士論文・博士論文などを執筆中の学生の皆様も、まず研究の一歩目となる作業は十分な資料検索と言えます。特に、最新の研究結果に触れるには日本に限らず世界中の学術情報を検索できる海外検索エンジンを知っておくことが必要です。そこで今回 More
negativesentences
二重否定・否定語を避けて伝わりやすい英文にする方法
  二重否定(例: not + nobody, no one, never など)は文法的に誤った表現です。しかし、自分の書いた英作文を後から見直してみると、否定的な単語(negative word)が思ったより多用されているのに気づくことがあります。 問題は、否定表現を使用しすぎると文意 More
How-to-Order-Adjectives-101
英文法:形容詞の正しい使用方法
形容詞 形容詞は名詞を修飾する単語のことを言います。つまり、形容詞は名詞に関するより詳しい情報を提供する機能を持ちます。 次の文を見てみましょう: The large man sitting beside me called for the flight attendant.... More
CoverLetterguide-jp
効果的な投稿論文カバーレターの書き方
論文投稿の際に要求されるカバーレターは、エディターが皆さんの論文を審査するかどうかの決定に影響を与える大切な書類です。今回はそんなカバーレターを効果的に作成するために、(1) カバーレターが重要な理由、(2) カバーレターに書くべき内容、(3) カバーレターの書き方 の3つに分けて一つ一つガイドライ More
strongverb
英語論文の伝達力を高める動詞使用テクニック
学術ライティングにはある程度格式ある文体を求められるとは言え、長々とくどい文章で読者の興味を失わせてしまっては本末転倒です。論文掲載をかけた研究者間の競争は熾烈であるだけに、研究者の皆様は研究そのものだけでなく、どうしたら少しでもジャーナル受理率を向上させられるかというライティングテクニックの問題と More
17-Tips-for-figure
英語論文の図表タイトル(Figure Title)と凡例(Legend)の書き方
論文を読む際まず目に入ってくるのは図表ですが、その図表とタイトル・凡例だけを見て論文の結論をどの程度まで推測することができるでしょうか? 図表が論文内容の伝達をサポートする補足資料と考えてはいけません。効果的な論文にするためには、図表そのものが論文内容をある程度伝達できるように作成する必要があります More
tense-in-paper
英語論文のセクション別時制整理
次の図は、英語科学論文の各セクション別に適した動詞時制を整理したものです。Abstract(抄録)の時制について扱った以前の記事と合わせて論文で用いられる時制をしっかりと確認し、効果的に論文を書き進めましょう。           More
abstract-tense
英語論文のアブストラクト(抄録)で使用する時制は過去?現在?
こんにちは!英文校正ワードバイスです。英文校正を手掛ける中で多く見られる間違いに、英文アブストラクト(抄録、要旨)で使用すべき時制の問題があります。 英語論文の抄録では既に完了している研究の結果を説明することとなるため、基本的には過去時制が適していますが、状況によっては異なる時制の使用も可能です。ま More
discussion
英語論文のDiscussion(考察)セクション執筆のコツ
今回の記事は前回までの論文執筆方法解説記事に引き続き、Discussion(考察)セクションの効果的な執筆方法についてご紹介します。 Discussionの目的 簡単に言えば、Discussionとは序論(Introduction)で述べた自分の研究テーマに関して説明するためのセクションです。これま More